お買い得な夜2

泉&猿渡 泉4

今日の泉さんには髭が生えていた。いつものさわやかさにほどよい渋みが加わり何ともカッコよく 仕上がっている。1曲目は延々20分に及ぶ熱演「SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE」であった。 この曲の途中で、ふらりと店に入ってきたのは何とドラムの黒田敦司さん。あれっ?お髭が無い。 黒田さんは泉さんとは逆で髭を落としてさっぱりしていた。そして2曲目にさっそく飛び入り参加である。 今日も何かが起きそうだ。ステージに上がった黒田さんより「名古屋のギタリストで一番いい男、イズミタカシ〜」 と紹介があった。2曲目はブルースで、歌とハーモニカをたっぷり聴かせてくれた。相変わらずこの人が入ると すっかり黒田バンドに豹変してしまう。3曲目に「FOUR」を演って1セット目が終了。

2セット目は黒田さんがドラムスに入って「ALONE TOGETHER」で始まった。泉さんもどんどん良くなっていく。 鬼気迫る熱演である。お次は「BUT NOT FOR ME」、黒田さん今度は歌にまわる。独壇場だ。バックでは泉さんが渋〜いソロを響かせて いる。これまで親方(泉隆カルテット)として前面に出ている泉さんしか見たこと無かったが、バックにまわっても結構イケる! 結局これ以降、最後まで黒田さんが歌ってこの日のライブは終了。得した気分で家路についた。

飛び入り1 飛び入り2
戻る