年忘れジャムセッション

JAM

BAGUの年末恒例行事の開幕です。まずはレギュラー陣による肩慣らし。

鈴木学カルテット
2001年の締めくくりにお付き合い頂くのはなんと、婚約ほやほやの鈴木学さん。 ひょっとしてチカさん(婚約者)もいらしてたんでしょうか?
1.Stella By Starlight
2.In a Sentimental Mood
3.Solar
鈴木 学(ts)
藤井孝紀(p)
中根K太(b)
猿渡泰幸(ds)
♪♪♪
さーて、このライブの間に店内はほぼ満席になり、どこからともなくジャムセッション参加希望者が記入する名簿が回覧されてきました。 そこに名前と演奏する楽器を書けば誰でも参加可能というしくみなのです。まわりを見渡すといつもの顔もありますが、知らない顔も多々見えますねー。 誰がどんな演奏を聞かせてくれるんでしょう。ゴリさんなどははジャムセッションに向けて極度の緊張状態に陥っておりタバコの本数も増えてきました。 しばしの休憩が終わり、マナブさんが「じゃー、そろそろ始めまーす」と言ってステージに向かいました。 そして、名簿を見ながらメンツを決めていきます。

ジャムセッション スタート!!!

SESSION no.1

There Will Never Be Another You

鈴木 学(ts) 新谷卓也(p) 田中領(b) 霜出祥史(ds)
session1 まずは、お馴染みのスタンダードで軽快にスタート。田中くん、新谷くんはリーベのOBで土曜のライブにも出演してます。 ビッグバンドドラマーのゴリさんも緊張気味ながら何とかついていってます。tpにまっちゃんが指名されましたが、楽器を持参していない (tpを持ってないという噂もあり)ということで不参加。「10分で取って来い!」とマスターにつっこまれてました。

SESSION no.2

Mas Que Nada

百本麻衣(vo) 新谷卓也(p) 田中領(b) 猿渡泰幸(ds)
session2 お祭りを盛り上げるのに必要不可欠なラテンもの。ジョルジ・ベンのこのサンバは、既に大スタンダードですよね。 今日は、期せずして第一土曜のレギュラートリオ+マスターでのセッションとなりました。ブラスティックを駆使して ラテンビートを刻むマスター。お客さんもタテノリで、店内もかなり熱を帯びてきました。

SESSION no.3

Billy's Bounds

鈴木学(ts) 小酒井裕明(ts) 藤井孝紀(p) 中根K太(b) 山本喜一郎(ds) 猿渡泰幸(vo)
session3 session3 いよいよセッションならではの組み合わせが実現しました。タイコをお弟子さんの山本先生にまかせていよいよマスターが前面に出てきましたよー。 このセッションのためにはるばる郡上からやってきてくれた小酒井くんは、現在独学でテナー修業中。今日は2テナーの一翼を担います。 テーマのあとマナブさんと小酒井くんがソロをとり、すっかりブルースマンと化したマスターがスキャットで絡んできました。 これが凄い盛り上がり。僕もマスターの歌は初めて聴いたんだけど、お客さんを巻き込んでガンガン盛り上げていく様は、お祭り男の面目躍如! 面白いものを見せてもらいました。

SESSION no.4

on Green Dolphin Street

鈴木学(ts) 渡辺敦(as) 藤井孝紀(p) 中根K太(b) 鷲見力(ds)
session4 さて今度は小酒井くんにかわりasの渡辺先生が入りました。 「ご隠居」やレギュラーライブのときの「飛び入り」でBAGUでの演奏回数も着々と増えている外科のお医者様です。 そしてタイコは本日のバーテンのスミくん。マナブさんのご指名を受け、厨房から仕事着のままの参加となりました。

SESSION no.5

For All We Know

百本麻衣(vo) 新谷卓也(p) 田中領(b) 鷲見力(ds)
session5 再びボーカルが入り、曲も一転してシブ〜いスタンダード。 気のあったトリオのバックをスミくんが勤めます。 この曲、お得意なのか、いい感じで歌い上げていきます。ちょっと余裕もあったかな? でもスミくんには余裕なし!店内もしっとりと落ち着きました。やはりライブはメリハリが必要ですよね。

SESSION no.6

All Of Me

猿渡泰幸(vo) 鈴木学(vo) 新谷卓也(p) 藤井孝紀(b) 霜出祥史(ds)
session6 session6 本日の超目玉商品です。カンペイさんが元本職のベースを担当。マナブさんが何とマイクを持ちます。そこへマスターもスキャットで参加。 おまけにゴリさんがタイコに大抜擢されました。僕がマナブさんの野太い声のファンであることは以前どこかに書いた記憶がありますが、 まーさか歌が聴けるとは・・・。今日はラッキーです。カンペイさんのベースも聴くのは初めてですが、何をやっても巧くてカッコイイですねー、この人は。 いろんなオマケがついたお得な一品。存分に楽しませていただきました。

LAST SESSION

Now's The Time

鈴木学(ts) 小酒井裕明(ts) 渡辺敦(as) 藤井孝紀(p) 田中領(b) 山本喜一郎(ds) 猿渡泰幸(vo)
last session 楽しい楽しいジャムセッションもラストとなりました。管3本揃い踏みでパーカーのブルースです。ラストにふさわしい曲でしょう。 BAGUで3管並ぶなんて滅多にありません。壮観な眺めですねー。因みに冒頭の写真もそうですよ。 当然の如くマスターも「ボーカル」で参加。スキャットも絶好調である意味、この日のピークを迎えました。 そしてすべてのセッションが終ったのが23:10でした。カウントダウンまであと50分。飲んで騒いでいればあっという間ですね。

新年あけましておめでとうございます!

本年もBAGUをよろしくお願いします!

a happy new year
あけおめ あけおめ
あけおめ
あけおめ

謹賀新年

上の写真は、年が明けた瞬間です。あちこちで乾杯の雨あられ。ママさんよりみんなに「プチおせち」が振舞われました。 一層酒が進みます。さて今年はBAGUにとってどんな年になるのでしょう。 どんなミュージシャンがこのステージに立つことになるんでしょう。僕はここで何度ライブを見るのでしょう。 良い事ずくめであって欲しいと願いつつ、途中店を抜け出して近くの金神社に初詣に行って来ました。 戻ってきたら、ピアノの上に鏡餅が飾られており、BAGUもすっかりお正月です。

戻る