横町の・・・

ご隠居

中根くん 「ご隠居」ライブは結構楽しい。見所がいくつかあって、いつもある種の期待を持って臨むのだが、今日もそのすべてが満たされた。 店内に入るとリーベの下級生たちでカウンターがびっしり埋まっている。これはいつもの光景であり、みんなあわよくば「ご隠居」入りを狙う 有望な若手ミュージシャンたちだ。1曲目はブルース。2曲目はラテンの曲だったが、近藤さんのタイコがパーカッシブでとても気持ちいい。 MCでこの2曲が「オーネット・コールマン」だと知る。「ご隠居」の見所その1がこのチャレンジ精神旺盛な選曲で、BAGUではまず演奏されることのない曲を 発掘してきて毎回新レパートリーとして披露してくれるのだ。3曲目は「ah-leu-cha」、やっと聴きなれた曲に出会えた。渡辺さんがコルトレーンを、コイシさんが マイルスを演じるわけだが、見所その2がここにある。これまたBAGUでは滅多に見られない管のアンサンブルが聴けるのだ。 コイシさんはトロンボーンも巧いが今日はラッパのみで「持ち替え」は無かった。そういえばBAGUのレギュラー陣にはラッパが少ない。 そういう意味でも貴重な人材である。お次は珍しく歌ものスタンダード「smoke gets in your eyes」を演奏。 そして1セット目のラストは中根くんを前面にフューチャーしてマイルスの「so what」で締めた。中根くんは久々のBAGU出演である。 マスターはしみじみと「北川の音にソックリになてきたなー」ともらしている。

コイシさん 2セット目は「sheryl」、「donalee」とパーカーナンバー2曲で幕をあけた。3曲目は渡辺さんが下がりトランペット、ベース、ドラムのトリオ演奏。 やはりラッパはいい。まっちゃんがラッパから足を洗ってしまった今、彼女に期待するしかない。 さて、実はこの日カウンターの下級生たちに混じってテナーの小酒井くんが遊びにきていた。 小酒井くんは年忘れジャムセッションで渡辺さんと共演していて知らない仲ではない。 当然の如くステージに呼ばれ、あの夜と同じ「billy's bounds」で飛び入り参加し、久々に力強い演奏を聴かせてくれた。 このように「ご隠居」はアマチュアバンドであるがゆえ、気兼ねなく飛び入りができるところもいいところである。 そして今度はカウンターの下級生が呼ばれた。見所その3、リーベの「ヤングライオンズ」vs大先輩「渡辺敦」。 これも恒例の競演で、今回はゲスト小酒井くんも参加。ピアノは倫平くん、ベースは河村くん、ドラムは’ヤング’こと若岡くん、それぞれ後藤さん、 北川さん、猿渡さんに教わっていて先生は超一流。おまけに今日は、客席でマスターが、ステージ脇で先輩たちが目を光らせていて、 たてがみを茶に染めた「ヤングライオンズ」の面々にも緊張の色がはしる。 「on green dolphine street」が静かに始まった。順調にすべりだしたかに見えたが、だんだんリズムが乱れてきて 渡辺さん、ちょっとやり辛そう。ヤング、がんばれ!僕もはらはらしながら見守る。なんとか演奏を終えてみんなカウンターに戻ってきた。 いろいろ盛りだくさんのライブが終わりみんなテーブルに集合して打ち上げ開始。 マスターが教え子2人に声をかける。近藤さんには「タイコが大人になったなー」と。 そしてちょっと不本意な演奏に終った若岡くんには「落ち込め、落ち込めー!まー今日は立ち直れんやろ、ガハハハハ!」と。 一同大爆笑のなか、若岡くんも苦笑い。さあ、着実に力をつけているヤングライオンズの雪辱も楽しみな次回はいつかな?

ヤングライオンズ 小酒井くん
戻る