土日枠は面白い!

Chiaki

東さん BAGUのライブは水曜日と決まっているが、たまに土曜、日曜にセッティングされることがある。 そして土日枠とでもいうべきこのライブは、ある大事な意味をもっている。 「地元のアマチュアジャズメン、あるいはジャズ以外のミュージシャンにも広く演奏の場を提供する」 これが土日枠の基本理念(そんな大袈裟な)であり、マスター、ママさんのお眼鏡にかなった様々な ミュージシャンが不定期に出演して、レギュラーライブとは一味違ったパフォーマンスを繰り広げて くれるというわけだ。今日の主役のChiakiさんもBAGU初登場である。 到着時、既に「moon river」が響いており1曲遅刻。客席は既に満員御礼で、予約しておいたカウンター一番奥にかろうじて腰掛けることができた。 物凄い熱気のなか、「gee baby, aint i good to you」が始まった。ビールが届いたところで、ステージウォッチング開始である。 ステージ中央のギタリスト「koji」が渋い演奏を聴かせてくれている。バックの暗がりのなかに東さん発見。 おやっ?ベースが四戸くんじゃないぞ。中根くんに変わっている。学さん聞くの久しぶりだなー。 てんで勝手なことを思いつつ、この曲を楽しんだ。Chiakiさん復帰で、Kojiさんとのデュオで歌われたのは 「this little light of mine」。そう、今日は日曜、ゴスペルがないとちと物足りない。 「let it shine , let it shine , let it shine 〜」いいねー、楽しいねー。ゴスペルはやはりハンドクラップとともに 一緒に歌うに限る。いつもとちょっと違うBAGUが始まった。今日の東さんは、このライブの総合 プロデューサーであり、ピアニストでもある。Chiakiさんは「岐阜の小室哲也〜」と紹介していたが・・・。 さて、その東さんがMCで「続いてはChiakiちゃんの弾き語りターイム、拍手〜」と紹介。 曲は「over the rainbow」である。そう、本日はChiakiさんのリサイタルなのだ。 1セット目最後は、ジャズ「you'd be so nice to come home to」で締めくくる。

Chiaki Chiakiさんは岐阜在住のヴォーカリスト兼ピアニストである。東さんのお弟子さんであり、ご自分でも教えているとのこと。 岐阜には様々なミュージシャンがいる。Kojiさんも普段はブルースバンドのリーダーをしているとのこと。 そして2セット目に、もう一人ピアニストが登場する。「don't get around much anymore」をヴォーカル無しのピアノカルテットで 演奏。Chiakiさんの先輩にあたるTakakoさんであった。Chiakiさんが入ってニルソンの(マライヤのと言った方がイイネ) 「without you」を絶唱。Takakoさんはこの2曲で再び客席に下がった。今日はピアニスト3名という贅沢な夜だ。 「when you wish upon a star」を「綺麗に」歌った後、Kojiさんがステージ中央に戻りチューニングを始める。指にボトルネック、 そしてオープンGとくればもうブルースしかない。いよいよ本領発揮である。「ちょっと綺麗に来すぎたんでここらでちょいと汚します」 といってスタートしたのは・・・出ましたマディ・ウォーターズの定番中の定番「i got my mojo workin'」。うーん、カッコイイ。 4ビートはちょっと窮屈そうに弾いていたKojiさんであったが、ここへきてそのポテンシャルを120%発揮。 できれば2,3曲「ステージ汚し」をして欲しかった。濃いブルースのあとは、濃いジャズの番。 東さん、学さん、中根くんのトリオで「softly as in a morning sunrise」をしっとりと演奏。これはもう東さんの独壇場だ。 マスター譲りの学さんのブラシも冴える。この曲では、しばしいつものBAGUに戻った感じ。 Chiakiさんが戻り「amazing grace」。今日は色んな編成で楽しませてくれるわけだ。ここは「岐阜の小室」の腕の見せ所? 「fly me to the moon」は3拍子のボサノバで始まり、途中4拍子に変わる東さんの面白いアレンジに挑戦。 「拍子の変わり目が都会的になるか否かは、すべて学さんの力量にかかってます」と微笑むChiakiさん。 その瞬間マスターから「マナブー、ガンバレー!」と掛け声がかかり店内大爆笑。結果はもちろん・・・十分都会的なイカス演奏となったことは いうまでもない。大盛況の今日のライブも残すところ1曲。スティービーワンダーの「isn't she lovely」でにぎにぎしく大円段。 鳴り止まぬ拍手に答えて、アンコールはジャズライブらしく「's wonderful」を歌って「Chiakiリサイタル」が閉幕した。 このように、土日枠は違った楽しみを堪能できる。これからは「土日枠」要チェックですよ、みなさん。

Koji Takako 学さん
戻る