日本でただひとつ・・・

鈴木夫妻

「え〜、大きなことを言うようですが、今や鈴木夫妻の共演が聴けるジャズクラブといえば我が国ではBAGU1店でありまして・・・」
ちょいと柳昇師匠をパクッてみました(わかる人にしかわからない)。特に他意はないが、この二人の共演は貴重なのだということが言いたかったのだ。 そう、お察しの通り今晩は「落語芸術協会理事長」級の貴重なライブということになる(余計わからん)。

さて、つまらない枕はほどほどにして本編に入ろう。ジャズメンの最初の挨拶・・・それは「音」である。オープニングナンバーというやつだ。 ステージに上がっていきなり、

  「マナブで〜す!」
  「チカで〜す!」
  「これからジャズやりま〜す。聴いてくださ〜い!」

と言って演奏を始めるジャズメンは、少なくとも岐阜にはいない。みんなこういった「挨拶」の代わりとなる一曲を持っている。 学さんの場合は、1.がそれだ。 これは学さんがその存在感を強烈にアピールしてお客様の心をグッと掴むには最適の1曲で、あたかも 「オレが鈴木学だー!みんな心して聴くように!」と言っているみたいに熱い。 2.ではフルートを取り出した。綺麗な湖と朝もや・・・幻想的な映像が浮かんできてしばしトリップ。 このフルートは続くボサノバで強烈に効いてくることになる。おやっ、今日の小森さんは珍しくエフェクター を利かせているぞ。ちょっとコーラスがかかったギターの音はとても新鮮であった。

そして名古屋のシルビア・テレス登場!
3.からは学さんの奥方山下チカさんが入った。それにしても物凄い声援だ。これほど店内が盛り上がる歌姫も珍しい。 チカさんのお得意分野はボサノバで、ブラジル大好きの僕は前回初めて聴いた時からの熱烈なファン。 4.では学さんのフルートが滅法イイ味を出している。チカさんのポルトガル語と溶け合ってこれぞ真正ボサノバ! という名演となった。因みにシルビア・テレスというのは僕の好きなボサノバ歌手(もう故人ですが)で、 ついついチカさんにそのイメージを重ねてしまったというわけ。次回は是非「dindi」を歌っていただきたい。 その時、多分僕は恥ずかしながら感涙しているだろう。


first set

1.sippin' at bells
2.laura
3.it's only a papermoon (vo : chika)
4.corcovado (vo : chika)
5.as time goes by (vo : chika)
6.tristeza (vo : chika)
岐阜トリオ
特別ゲスト:カンペイさん

猿渡さん
目下、禁酒療養中のマスター

second set

1.it could happen to you
2.body and soul
3.ela e carioca (vo : chika)
4.i can't give you anything but love (vo : chika)
5.manha de carnaval (vo : chika)
6.samba de orfeu (vo : chika)

今日はカウンターに「岐阜を代表するピアニスト」カンペイさんの姿が見える。 不思議なことにBAGUのグランドピアノは、カンペイさんが来る前から口をあけて待っていた。 まさか、カンペイさんの足音を聞いて自分で口を開けた(天板を上げた)わけでもあるまいに。 イイ調子に酔っ払っているカンペイさんがフラフラッとピアノに座って2セット目がスタート。 この稀なコンビ(学さん&カンペイさん)にまったく違和感はない。 2.はマスターのシブーいタイコに乗ってメンバーそれぞれが思わず「ヤーッ!」と声がかけたくなるほど素晴らしいソロを連発。

名古屋のシルビア・テレス再び・・・
3.なんかをポルトガル語でやられるともう堪りません。学さんのフルートもマスターのタイコもカンペイさんのピアノもすべて ブラジルネイティブのそれではないかと聞き違えるくらいボサノバになっていた。彼女の楚々とした大人の笑顔と囁くようなボイスは、 まわりをすっかりラテン系に変えてしまう不思議な力があるようだ。4.ではちょっとドッキリ発言がとびだした。

  「僕は君に愛しか与えられられない。この台詞に惑わされた女性は後を絶ちません。私もその一人です」
  「・・・(みんな学さんに注目)」

もちろん店内大爆笑の嵐。学さん真っ赤になって「よく言うわ!」と照れていた。演奏では素晴らしい「愛のブロー」も与えていたが(笑)。 カウンターではチカさんにすっかりとり付かれてしまったお客様が約1名。「チカちゃーん、チカちゃーん」の連発で、ファンクラブ会員ナンバー1番の 栄誉を頂いていた。本日ラストは期待通り「黒いオルフェ」の挿入歌2曲。最後までラテン色を押し出して、すっかり寒くなってきたこの柳ヶ瀬に 一時だけ夏のサンシャワーを振りまいてくれた。さあみなさん、このセットはここBAGUでしか聴けませんよ。 次回はいつかな?とりあえず、HPのスケジュールに注目していてください!

チカさん
本日もイイのりでした!
学さん
Beauty & The Be・・・


戻る