セッション 50X

水野さん

ニュースターズ総動員令・・・発令!
BAGUに1歩足を踏み入れてビックリ!カウンターは既に全席埋まっていて、テーブル席にも 人があふれているではないか。ニュースターズのミュージシャンたちが大挙してBAGUに押し寄せていたのだ。 偉大なOB「水野先輩」の絶大なる影響力をまざまざと見せつけられた。 その数は軽く二十名を越えており、その場でビッグバンドが結成できてしまうくらいの数だ (ビッグバンドそのものだっちゅーの!)。これだけ満員の店内で純粋なリスナーは恐らく僕ひとり であろう。というわけで今日は思い切り浮いている(笑)。
本日のプロジェクトは?
この光景から推察するに、BAGUのCEO(最高経営責任者)猿渡氏からプロジェクトリーダー水野に出された 今日の業務指令は恐らくこうだ。

  「ニュースタの若手を積極的に起用して、コンボの面白さに目覚めさせよ!」

ニュースタには「新星楽団」と呼ばれるコンボ・ユニットが存在しているのだが、その構成メンバーも いよいよ来春にはすべて卒業してしまう。若手から文字通り「新星」が現れないとニュースタ・コンボの灯が消えてしまうのだ。 CEOの指令の言下には、その灯を再びともして、木全先輩や鷲見先輩、はたまたXで頑張っている辻田先輩の ようにBAGUで活きのいいジャズを聴かせてくれる若手を育てよ!というメッセージが込められているはずだ。

喧騒の中、1stセットスタート。プロジェクトが間違った方向に傾くことがないよう、リーダー水野を強力にサポートする 「指南役」カンペイさんの演奏で、ざわついていた店内がフッと静まり返った。2.では、辻田くんがいつものように野太いテナーでご挨拶。 来春卒業する彼は今年の定期演奏会で後輩たちからこんな言葉を贈られていた。

  「私達は辻田先輩からアドリブの何たるかを教わったような気がします」

そんな辻田くんをフューチャーして、ちょっと早めの季節物3.を披露。今年のクリスマスソング1番乗りか!と思ったが よくよく考えてみたらこのバンド、今年の5月にもこの曲をやっていた。恐らく日本で最も早い(遅い?)クリスマスだったんじゃないかな。

New Star's NEW STAR !
さて、4.ではいよいよ「新星」の登場だ。’そがっち’こと曽我祐輔くん。定演のときは「裸」で堂々と吹いていた姿が印象的な彼だが、 今日は服を着ている。3万年分くらい進化したようだ(笑)。初めて立つBAGUのステージはいかに・・・。何かソワソワと落ち着かない様子。 どうやらパンツを履くまでに進化したと同時に「緊張」という高度な精神作用まで身についてしまったらしい。 辻田くんにリードされながら、4.、5.とショーターナンバーに挑む。BAGUで聴く久々のラッパはパンチのある新鮮なサウンドだった。 恐らくかなりリハーサルをしたであろうアンサンブルも気持ちよい。 定演の時のはじけっぷりからすると何か面白いものを秘めているはず。今はまだまだつたないものの、コンボに慣れ、さらなる進化をとげてまたXに 参加してもらいたい。シリアスな演奏のなか、カンペイさんから叱咤激励を受けつつどんどんグルーブするリーダーのタイコもキラリと光る。 そんなリーダーのバックアップもあり、5.のラストでは曽我くんの顔もすっかり精悍になってきた。


first set

1.alone together
2.green sleeves
3.christmas song
4.speak no evil (tp : sogacchi)
5.black nile (tp : sogacchi)
市橋さん&辻田くん
プロジェクトに欠かせないこの二人

カンペイさん
名参謀、カンペイさん。そしてビール。

second set

1.old folks
2.tenor madness (use-k(ts) sogacchi(tp))
3.seven steps to heaven (sogacchi(tp))
4.softly as in a morning sunrise (mura2(b))
5.just friend

All Star's JAM SESSION !
2セット目。カンペイさんをフューチャーして、詰め掛けた若きジャズメンたちにたっぷりとモノホンの1.をプレゼント。 みな一様にステージに釘付けになっている。そして2.ではちょっとお休みしていた「管」が再び前面へ! 昨年コンマスを務めたテナーのUSE−Kくんが加わり、辻田くん、ソガッチとの3管オールスターズジャムセッション。 いよっ!待ってました!こういう楽しいセッションを期待していたのだ。マウスピースをちょっとハスにくわえる独特なポーズで ブローするニュースタの伊達男ユースケくんは久々のBAGU登場。セッションにふさわしい定番ブルースでBAGUは部室状態。 ソガッチも調子を上げてきた。

リーベもお忘れなく・・・
ここで客席でひとり静かに演奏に耳を傾けていた長髪の若者がリーダーに呼ばれた。 岐阜大のジャズ研究会「リーベパルツェ」のホープ河村くん。今日は4.に参加だ。北さん仕込みの力強いベースは現在 急成長中でリーベの存在を強烈にアピールする。カンペイさんや水野さんとは「夜のバイト」で毎週共演しているだけに お互いの手の内もよくもわかっていて落着いた余裕の演奏となった。

今日もセッション50Xは成功裏にその幕を閉じた。第二弟三の曽我くんが数多く控えているニュースタ、そしてリーベ。 人前で演奏し、ソロに大きな拍手を貰う快感・・・定演などのホールでは味わえない小さなクラブならではのこの快感に彼らは 目覚めてくれただろうか?そして「また、ヤリてー!」と闘志を燃やしてくれるだろうか? 今日のセッションに参加してくれた若きミュージシャンたちが、再びこのステージに立った時・・・このプロジェクトに真の 審判が下されるのはその時である。とにかく今日は、楽しい夜をありがとう!

曽我くん
3万年前のソガくん
曽我くん
パンツを履いたソガッチ!
ユースケくん
ファッション戦士?
ユースケくん
真正テナーマッドネッス!
河村くん
通称ムラムラ・・・
????
????????


戻る