クローズアップ・インプロ

由川4

恒例のハシゴ
岐阜のジャズどころの一つに「蔵」という店がある。ここは月一回のペースでジャズライブを開催しているが、 最近は水曜日にセッティングされることが多くなったため、月に1度「蔵→BAGU」のハシゴ を余儀なくされることになる。そして今日はそのハシゴの日。小林美千代4を1セット聴いたあと、 出演中の猿渡さんに挨拶してそそくさとBAGUへ。
インプロ進出
2−2.ではカウンターで楽器持込みでスタンバッていた清水さん(ts)が「よろしくお願いしまーす」と言って 礼儀正しくステージへ。彼女は、年末セッションでも活躍してくれたインプロのコア・メンバー。 その小柄な体からは想像できないほど太く艶のある音を出す。 鈴木学さんの音を女の子が出していると言えばわかってもらえるかな? 続く2−3.では、そう先月の岩見淳三雅屋ライブのアフターアワーズに岩見さんと即席ギターデュオを組んだ彼である。 今日は軽快なスタンダードでBAGUデビュー。 ジャズギターを習い始めてまだ1年足らずとは思えないほどジャズのツボを押さえた巧いギターを弾く。 本人に才能があって、先生(由川さん)がイイと1年でもここまで行けるのだ。


second set

1.invitation
2.blues (ts : shimizu-san)
3.tangerine (g : banno-san)
4.time after time (vo)
5.fly me to the moon (vo)
6.taking a chance on love (vo)
由川さん&中野さん
熟練のお二人!
中野さん、ムラムラ、岩田さん
河村くん&岩田さん

クローズアップ・ピアニスト
岐阜在住の岩田さん(p)は、インプロを代表するピアニスト。 彼はピアノに行き着くまでに2つの楽器を経験している。 東京の某大学ジャズ研究会に入部して、まずトランペットを始めたが ラッパでは芽が出なかったらしく、なぜかベースを経て最終的にはピアノに落着いたとのこと。 仕事の関係でしばらくブランクがあったものの、今では地元岐阜にどっしり根を下ろし、由川4を中心に 様々なセッションで活躍している。


クローズアップ・歌姫
ひとしきり飛び入りセッションが終わったところで、正ヴォーカリストKancoちゃんが登場。 今日も滑らかな優しい歌唱で、お得意のレパートリーをサラリとこなす。 彼女の歌のルーツは高校時代。女性ヴォーカル&ベース、ドラムスという編成のポップスバンドで 歌手歴をスタートさせた。当時は、レベッカやカーディガンズといったところがレパートリーだったという からちょっと驚き。時は流れ、社会人になった彼女は某ジャズクラブでBAGUレギュラー歌姫でもある山下チカさんの歌に ある種のインスピレーションを得ることになる。すぐさまチカさんの先生でもある矢頭奈穂さんに入門。 これがジャズ歴のスタートだ。その後はインプロに参加したり、様々なセッションに飛び入りして目下ヴォーカル修行中。 ここ2年ほどは、コード感覚を身に付けるために、ピアノを納谷さんに師事。いつか彼女の弾き語りが聴けるかもしれない。

インプロさん、いらっしゃ〜い
さて、年末のセッションを境にインプロの進出著しいこの「由川4+Kanco」であるが、この傾向はどんどん 加速してもらいたいものである。
清水さん
清水さん、イイ音してますねー!
阪野さん
阪野さん初登場!若き正統派です。


戻る