そして誰もいなくなった

市の瀬美音3+MIKIKO
東敬二(p) 市の瀬美音(b) 猿渡泰幸(ds) MIKIKO(vo) 

出演者に異動あり!
今日はちょっいとプレーヤーの変更が。 まず、カンペイさんが急な用事で出演キャンセル。代役は東さんである。水曜日は松栄堂の定休日。 東さんはお休みのところ美濃加茂から岐阜まで駆けつけてくれたというわけ。 それにしてもいい代役がいてよかった、ホッ。もう一名、ノセさんのお弟子さんで目下、売り出し中の 若手ヴォーカリスト「野田祐子」さんも都合でキャンセルとなってしまった。 代役は・・・・いない。つまり今夜はMIKIKOちゃんが2人分頑張らなければならないということ。

   「もー、先に言ってくださいよ〜」

と口を尖らせながらも、その表情は闘志にあふれている!

ノセさんの渋い(?)親方ぶり
今日はノセさんが親方で、MIKIKOちゃんが出てくるまでは司会進行を務める立場。 これも滅多に見れない光景である。MCによると前日は下呂温泉に遊びに行き、何と今日の昼2時まで 飲んでいたという。相変わらずエネルギッシュに活動しているノセさんであった。 今日は急遽、東さんとのコンビということで実に珍しいユニットも実現。変化のあるライブとなった。
腱鞘炎の証明
猿渡さんは、腱鞘炎も完治し既に完全復帰しているが、どうしても拭い去れないのが 「通風疑惑」。「通風やないすか?」「いーや、通風やねー!」、BAGUでは最近こんな 議論が横行している。この議論に終止符を打つべく、とうとうマスターが重い腰を上げて 血液検査に出向くことに。ここで、疑わしい数値は一切出なかったらしい。 おまけに、肝臓もまったくの正常値!今日は勝ち誇ったようにみんなに報告していた。
おじ様に囲まれて
猿渡さんとノセさんはほぼ同世代。東さんがひと世代下にあたる。 おじ様&次期おじ様のトリオでスタンダードを3曲演奏。 ノセさんの太いトーンは相変わらず健在で、いい味出している。 やがてMIKIKOちゃんが登場。3度目の出演となるが、かなりBAGU慣れしてきた感じ。 もうすっかりレギュラーミュージシャンの仲間入りである。今日もカウンターにはヴォーカル教室の 生徒さんがズラリ勢ぞろいで、張り切らないわけにはいかない。 ルグランの1−6は、僕の大好きな曲。なかなかBAGUでは聴けないのだが、久々に「歌」で 聴くことができて大感激!


first set

1.beautiful love
2.wave
3.there will never be another you
4.i can't give you anything but love (vo)
5.when you wish upon a star (vo)
6.watch what happens (vo)
7.tennessee waltz (vo)
8.all of me (vo)
ノセさん&東さん
珍しい組み合わせが実現!!
猿渡さん
通風ではないことが証明されました!

second set

1.blues
2.misty
3.summertime (vo)
4.quizas,quizas,quizas (vo)
5.lover come back to me (vo)
6.my one and only love (vo)
7.fly me to the moon (vo)
8.don't mean a thing if it ain't got that swing (vo)

もしも!もしも!もしも!
ジャズ・ロック・ラテン・歌謡曲・演歌、あらゆるジャンルを股にかけてその経歴を重ねてきた ノセさん。MIKIKOちゃんが持ち込んできたある曲に尋常ではない反応を見せた。 それが、2−4。ラテンの大スタンダードである。打ち合わせで曲を聞いた瞬間、思わず歌いだした のがノセさんだった。歌詞もキメも万事承知済み。ダンスバンドを持っている猿渡さんにとっても、もちろんお得意ナンバー。 そりゃもうMIKIKOちゃんにとっては心強い限りのバックである。 ノセさんが終始リードして、コテコテのラテンに仕上げられたこのナンバー、終わってから猿渡さんが一言、

  「こういうのは、やっぱり50代じゃなきゃできんぞ!ガハハハハ!」
2人分歌いきりました!
人気スタンダードをずらりと並べて、にこやかに、或いはしっとりと、時には激しく・・・色んな表情で 歌を聴かせてくれるMIKIKOちゃん。大きな振りも彼女の特徴だ。今日はたっぷり11曲、まさに2人分の活躍だった。 ライブ終了後は、終電を気にしつつもカウンターで、おじ様2名に挟まれてなにやら楽しげに盛り上がっている。 お休みのところわざわざトラを務めていただいた東さん、今日は電車ということでちょっと早めにBAGUを後にした。 次回は7/16に自己のバンドでBAGU出演が決まっている。こちらも楽しみ。
市の瀬流ヴォイストレーニング
夜も更けてきて、ノセさんだけが残る。ここから延々とヴォイストレーニングの話で盛り上がる。 ノセさんはベースだけでなくヴォーカルも教えていて、野田さんなどいい人材を育成中。 今日はCCさんが、「無料お試しコース」ともいうべき初歩の初歩を教わることに。 実に理路整然と噛み砕いて指導してくれるが、CCさんはなかなか出来ない。 普段のおしゃべりの声の方がよっぽどよく通る「力」のある声だったりする(笑)。 まあ、これは酒の席での座興だが、ちゃんと訓練すれば、誰でもプラス1オクターブは出せる ようになるという。そんな、興味深い話を沢山聞いて、ますますノセさんの歌う姿を見てみたくなった。

MIKIKO
今夜は紅一点で孤軍奮闘!
ノセさん
キサス!キサス!キサス!


戻る