真夏のプチ・ジャズ祭

浦田オサムカルテット
浦田オサム(ts) 藤井孝紀(p) 石黒範昭(b) 猿渡泰幸(ds)

満員御礼
今夜はさしずめ「プチ・ジャズ祭」である。しかも4部構成の・・・。

  第一部 浦田オサムカルテット演奏会
  第二部 浦田塾生お手並み拝見セッション
  第三部 反省会と称する大宴会
  第四部 徒歩圏内の地元民のみ残ってどろどろ宴会

浦田ライブの集客力は日に日にエスカレートしていき、とうとう祭りの域にまで達したわけだ(笑)。 宴会部長タケダ氏、浦田塾大番頭中川氏が欠席のなかでこれだけの盛り上がりということは、この二人が加わったら一体どうなってしまうのか! もはや、入れ替え制になる日も近い?

ノリマキくん?
このジャズ祭初参加となるミュージシャンがひとり。 ベースの石黒範昭さん。春日井在住の若手ジャズメンである。 活躍のベースは名古屋方面で、岐阜は始めてという。 くれよんのBBSでよく耳にする名前だったので存在は知っていたが、聴くのは初めて。 非常に堅実なベーシストらしいベーシスト。またいいミュージシャンがBAGUのステージを 踏んでくれた、これからもちょくちょくお呼びがかかるであろう。 通称ノリマキくん。今後もよろしく!
第一部にゲスト有り
今日は友人のトランペッターが東京から遊びに来ていたので、第一部に飛び入りさせて頂いた。 彼の名は「田中哲也」、現在角田健一ビッグバンドや東京リーダーズビッグバンドでリードトランペットを担当しているほか、 岡崎正典(ts)羽毛田耕士(tp)といった若手ジャズメンを擁した自己のビッグバンド「Hittin' 11」 を率いて関東方面で活躍中。しかしこの世界、ジャズだけで食べていけるのはほんの一握りの 人気ミュージシャンだけで、大部分のジャズメンはポップス・演歌など他のジャンルにも進出して いかないとなかなか生計が立てられない。 彼も、桑野信義(tp)がリーダーの「Horn☆Man Brothers」というホーンセクションに所属し、 モー娘や郷ひろみのレコーディングに参加するなど積極的にスタジオワークもこなしているという。 近々、あのダンディー坂野のCDに参加するというので、リリースされたら聴いてみてください(笑)。
浦田オサムvs田中哲也
浦田さんの学芸大ジャズ研時代の仲間に、今をときめく東京スカパラダイスオーケストラのリーダー 北原雅彦(tb)さんがいる。田中は東京リーダーズビッグバンドで北原さんと一緒になることが あるらしく、意外な縁にビックリしていた。浦田さんと2フロントで1−3,1−4に参加。 本職は1番ラッパなので普段ソロをとることは無いが、もちろんアドリブもOK! しかもハイノート連発のギンギンソロでBAGUの窓が割れるんじゃないかと心配したほど(笑)。 客席もちょいとビックリ。ソフトな浦田さんとハードな田中、正反対の演奏スタイルで面白いセッションとなった。
ビー・マイ・ラブ
1−2で浦田さんが取り上げた曲は、三槻直子さんの2ndアルバムに収録されている綺麗なバラード。 うーん、浦田さんのテナーで聴くとこれまたGood。いつか、三槻さんのバックで吹いてもらいたいな〜。


first set

1.soy califa
2.be my love
3.star eyes
(tp:tanaka)
4.there is no greater love
(tp:tanaka)
浦田4+田中哲也
田中哲也(tp) from 江戸!
カンペイさん&ノリマキくん
BAGU初出演!ノリマキくんです!

second set

1.now's the time
(ts:kosakai,as:kayukawa,ds:murase)
2.i've got you under my skin
(vo:mano,tp:tanaka)
3.you'd be so nice to come home to
(vo:ume,ts:miyazaki)
4.????
5.so danco samba
6.there will never be another you
(tp:tanaka,p:daichi)

にぎにぎしく第二部スタート
さて、今夜もセッションタイムがやってきた。 パドックで出番を待っていた出走馬たちも、すでにゲートイン完了。 ここで田中にファンファーレでも吹いてもらいたかったところ(笑)。 鼻息も荒く、今や遅しとゲートが開くのを待つ塾生たち!
第1レース
ゲートが開いた瞬間、まずは5頭の馬がステージへばく進。

 小酒井裕明(ts) 粥川なつ紀(as) 古田大地(p) 畑和彦(b) 村瀬俊介(ds)

珍しく牝馬が混ざって華やかなステージとなった。 浦田スクール生で合宿メンバーの畑くんは、BAGU初出演となる。 スタンドで馬券握り締めて応援しているのは、久嗣兄さんをはじめ、カトちゃん、古田さん、鷲見さん といったトライトーンのお仲間たち。その応援に応えてなっちゃん一着でゴール(?)。

第2レース
こちらはちょいと大人のムード。

 真野道子(vo) 藤井孝紀(p) 石黒範昭(b) 猿渡泰幸(ds) 田中哲也(tp)

本格派ヴォーカリスト登場。真野さんは大谷寛さんに歌を習っているという。 今宵は衣装まで持参して気合は十分。そして歌は・・・おー、ダイナ・ワシントンばりで雰囲気ばっちり。 期待の新人(?)真野さんに注目あれ!

第3レース
浦田さんの愛弟子登場。テナーと歌のイイ関係。

 ウメちゃん(vo) 宮崎潤一(ts) 藤井孝紀(p) 石黒範昭(b) 猿渡泰幸(ds)

浦田さんのボーヤ(?)宮崎くんが、師匠ばりの甘い歌伴を披露。そんなテナーに乗って、ウメちゃんの 歌もハナ丸となった。ここでひとまず全レース終了。いやはや皆さん日に日に上達してますね。また次回が楽しみ。

俺にも吹かせろ(塾長談)
さて、再び主役の登場。ホントに浦田さんご自身が吹く時間がなくなってしまうほどゲストが多い。 甘いバラードでクールダウンしたあとは、夏らしくボサノバで盛り上がる。 ゲッツ親派の浦田さんらしく、この手のナンバーを吹かせたらもう手がつけられない(ほど良い)。 ラストは田中も入ってお馴染みナンバーで締める。カデンツァではビッグバンドを彷彿とさせる 強烈なハイノートでまくし立てる田中・・・。後ろの浦田さんは「ハラホレヒレハレ〜」状態(笑)。
合宿のお知らせ
いやはや、第三部の「反省会」はもう大変な騒ぎ。僕もかなり酔っ払っていて、何が起こっていたか 今となってはよく憶えていない。とにかくひとつ言えることは、

  アマミュージシャンの社交場「BAGU」をヨロシク!

ということくらいかな。そしてもうひとつこの席で大事なことが決まった。 それは浦田塾秋合宿の開催時期である。

  2003年10月25日(土)〜26日(日) 昭和音楽村

さて、今回は一体どんなハプニングが起きることやら・・・。 塾生の皆さん、また上石津でお会いしましょう!

小酒井くん&なっちゃん
初共演?小酒井くん&なっちゃん!
畑くん&大地くん
三重vs美濃!畑くん&大地くん
真野さん
真野さん(vo)は何と衣装持参でした!
ウメちゃん&宮崎くん
イイ雰囲気です!ウメちゃん&宮崎くん


戻る