落ち着いた大人のバンド

由川史比古カルテット
由川史比古(g) 岩田恭彦(p) 国島洋(b) 中野春樹(ds) Kanco(vo)

おっと珍し、おっちゃんご来店
今日は、めずらしく岐阜のおっちゃん夫妻がご来店。次週のサキソフォビアを目前にして、会場下見か(今さら)。 おっちゃん、Kancoちゃんの歌を聴くのはスターアイズの年末セッション以来とのこと。 そういえば、そのときKancoちゃんが歌ってる写真を提供してもらたっけ。どこかにUPしてあるはずなので、興味のある方は探して見てください。
トラは国島先生でした
今日はベースの河村くんが都合が悪くなったらしく、トラで国島先生が入っている。前回は中野さんのトラで昭美ちゃんが入っていたが 皆さんお忙しいようでなかなか正規メンバーがそろわないようだ。国島さんは斉藤先生の後輩教師。 美濃、多治見方面で活躍していて、ボクも何度かセッションで遭遇したことがある。 もちろんBAGUのセッションにも積極参加。教師ジャズメンとして、着々と斉藤先生の後を追い続けている。
ゲスト阪野さん
本日も落着いた雰囲気でライブは進んでゆく。長年パーマネントで活動している各メンバーのバランスのとれた「落ち着き」がこのバンドのキーワード。 そこにスパイスを振り掛けるが如く、飛び入りミュージシャンが加わってまた違った味わいを醸し出してくれる。本日はインプロのギタリスト阪野さんが カウンターで出番を待っていた。まずは1−4で登場。ギターは小学生の時から手にしているというが、ジャズを始めたのは由川さんに弟子入り してかららしい。しっかりした基礎に裏打ちされた正統派ギタリストで、あの岩見淳三(g)さんからもいろいろとアドバイスを受けているという。 事実、新調したピカピカのギターは、岩見さんのギターメカニックの方のハンドメイド。かなり影響を受けているご様子。 猿渡さんも今日の2−3の演奏を聴いて、「彼のギターにはしっかりした自己主張がある」と好評価で、 これからが楽しみなジャズメンのひとり。インプロは相変わらず人材豊富である。
スレンダーガール
涼しげな衣装の歌姫、Kancoちゃんは今日も由川さんの優しいギターに包まれてお得意ナンバーを次々と披露。 んっ、また細くなったかな?「kancoちゃん、ちょっと痩せた?」と振ると、「そんなことないですよ」という返事が返ってきたが、 すかさず猿渡さんが、

  「あかんぞ、それ以上痩せたらもう使ったらんからな!」

と敏感に反応。実はマスターは、ポッチャリ型がお好みなのだ。胸を大きくしろ〜、パット入れて来い〜としばらく悪代官的セクハラ攻撃(?)が 続いて店内盛り上がったあと、ニコッと笑って一言、

  「でもカワイイで許したる、ガハハハハハハッ」

今日も舌好調のマスターでした!そういえば、純粋に店に出ているのは珍しい。

9月に入っていよいよ夏本番?
皆さん車ということもあり、お茶を飲みながらのプチ打ち上げ。ミュージシャンたちは実は本職が忙しい。明日から東京出張だというkancoちゃんを先頭に順番に家路に就いていった。 そこから絶好調のマスターと深夜1時まで飲み明かして結構フラフラでBAGUを出るが、9月に入ってからのほうが8月より暑さが厳しいこの岐阜は、 この日も余裕の熱帯夜。しかし酔いというのは暑さも麻痺させてくれるようで、一心不乱に歩いた30分の道のりはそれほど苦にならなかった。


first set

1.fly me to the moon
2.triste
3.everything happen to me
4.i'll close my eyes (g:banno)
5.time after time (vo)
6.it could happen to you (vo)
7.my one and only love (vo)
8.taking a chance of love (vo)
国島さん
河村くんのトラで登場、国島さん
阪野さん
師弟共演、阪野秀和さん

second set

1.all of me
2.?????
3.don't mean a thing if it ain't got a swing
 (g:banno)
4.i've got you under my skin (vo)
5.as time goes by (vo)
6.the day of wine and roses (vo)
7.you'd be so nice to come home to (vo)


戻る