こんな日もあるさ

藤井孝紀トリオ
藤井孝紀(p) 木全希巨人(b) 猿渡泰幸(ds)

狂った歯車
なにかにつけて歯車が噛み合わない日というのは確かにある。 今夜のBAGUがいい例だ。僕が到着した時、いつものようにカウンターで4人が談笑して・・・いなかった。あれっ? 何故かカンペイさん一人。よくよく聞いたら泉さんが風邪で欠席とのこと。マスターはまだレッスンから戻らない。 飯沼さんも遅れているようだ。猿渡さんが到着した時点でカンペイさんが飯沼さんに呼び出しTELを掛けるが、なんと 家族で外食中。連絡不行き届きだったわけだ。さすがに家族団欒中に呼び出すわけにもいかず、トラ探し開始。 まずはリーベの河村くん。残念ながらダメ。お次は、キマちゃん。何とかOKが出て胸を撫で下ろしたものの、BAGUま で出てくるのに30分はかかってしまう。
空気を察知
カウンターのお客様が、店内の慌しい様子を察知してこう切り出した。

  「えっ、今日はギターいないの?俺、ギター聴きにきたんだよなー」

何と、泉さん目当てのお客様。しかも初めての来店である。こりゃ、少々具合が悪い・・・。 カンペイさんが、ピアノに座りMCで事の顛末を説明。そして、1セット目は藤井孝紀ソロピアノ ということになった。僕にとっては、結構うれしいハプニング。1−3など、珍しい持ちネタも 飛び出して面白かった。

ベース & ピアノ到着
キマちゃんが到着して、2セット目は藤井孝紀トリオとなる。これまた年に一度あるか無いかの 珍しい取り合わせで、もう興味深々。おまけにベースだけでなく、ピアノまで到着(笑)。 久々に遊びにきてくれたのはYAWARAちゃんことインプロの宮田さんだ。 彼女は運がイイ。滅多に聴けないキマちゃんの4ビートが聴けたのだから。
お身内タイム
くだんのお客様も何とか2セットとも聴いていってくれて、ホッと一息つく一同。 「これに懲りずにまたいらしてくださいね」ママの言葉が今夜のBAGUを物語っている。 さて、よくよく時計を観たらまだ30分弱時間が余っているではないか。 すでに店内は身内のみ。当然、じゃ何かやろうかということになる。 カウンターにYAWARAちゃん。というわけで、YAWARAトリオとKANPEIトリオで 一曲ずつやって今日はお開き。
厄払いの酒
こういうハプニング続出の日は酒で厄を払うしかないなんて勝手な理由を付けながら、 調子に乗って飲んでいたらあっという間に閉店時間。 YAWARAちゃんも今日は一人の気軽さからか、珍しく最後まで付き合ってくれた。 彼女は矢頭菜穂さんに歌を習っているらしく、そのうち流麗な弾語りなどもBAGUで 披露してくれるだろう・・・・か。


first set (藤井孝紀ソロ)

1.my one and only love
2.now's the time
3.浜辺の歌
4.misty
藤井3
トラのまたトラ。助かったよキマちゃん!
YAWARAちゃん
久々の登場、YAWARAちゃん!

second set (藤井孝紀3)

1.bye bye blackbird
2.????
3.manha de carnaval
4.blues

third set

1.take the 'A' train (p:yawara)
2.???? (p:kanpei-san)


戻る