Happy Birthday !

鈴木学カルテット
鈴木学(ts) 小森淳(p) 飯沼真(b) 猿渡泰幸(ds) 山下チカ(vo)

風邪にご注意
季節の変わり目というのは何故か風邪をひきやすい。今日は小森さんが風邪の全盛期。熱、鼻水、悪寒、そんな症状を聞かされれば 僕でも簡単に診断できる。さらに学さんにも風邪の予兆が・・・。2週間前にはギターの泉さんが風邪で欠席しているし、これから年末に かけてミュージシャンの皆さんにとってはまさに稼ぎ時。お体に十分気を付けてください〜。 岐阜市職業音楽家健康増進委員会(委員長:プリンス猿渡)からのお願いでした。(ウソです。そんな団体ありません)
仮病説浮上
風邪を吹き飛ばさんばかりに「熱い」1−1でライブ・スタート。 小森氏のギターを聴く限り体調不良によるかげりはどこにも見えない。 関のトニーニョ・オルタの普段とまったく変わらない飛ばしように、よもや仮病では?という疑念さえ浮かび上がるくらいの好演。 まあ、「発熱で頭が飛んじゃってた」ということにしておこう(笑)。 そんな小森さんの顔が真っ赤に染まり頭から煙が出てきた!マズイってんでアイスノン代わりの1曲を投入。 それが1−2だ。危ない危ない、あやうく小森さん一人、別世界(ワンダーランド)へ旅立って二度と戻ってこれなくなるところだった。 飯沼さんもスコット・ラファロを彷彿とさせる演奏でクールダウンに一役。
キャッシーというよりも・・・
今日はヘアスタイルも変わり、自称「キャッシー中島」のチカさん。ある意味、50年代の白人ジャズヴォーカリスト然としていて 雰囲気はバッチリ。この出で立ちで1−3などを「小粋にスウィング」された日にゃもう降参である。 そしてBAGU初披露となるお得意のブラジル物1−4を聴いているとこれが、ワンダ・ジ・サーやジョイスに見えてくるから不思議なもの。 それにしても、チカさんのバックで静かに鳴るフルートの音色とコーラスのかかったギターのバッキングは絶品! まさにこのバンド独自の世界である。


first set

1.it's you or no one
2.alice in wonderland
3.shiny stocking
4.vivo sonhando
5.old devil moon
6.misty
7.chega de saudade
小森さん
気分はトニーニョ!でも体調絶不調・・・
学さん&飯沼さん
ちょっと風邪気味?学さん

second set

1.rio romance
2.nearness of you
3.on the street where you live
4.how insensitive
5.dindi
6.only trust your heart
7.happy birthday sawatari-san
8.just one of those things

悪代官の誕生日
今年も悪代官が年を重ねる季節がやってきた。折りしも明日が猿渡さんのバースデーである。 思えば昨年は腱鞘炎で苦しみながら迎えたバースデーだった。 今年は「通風」疑惑も晴れ、健康体で迎えることができてなにより。チカさんの音頭でお約束の2−7が始まったが、猿渡さんは 自分でタイコを担当中(笑)。少々困惑気味にエンディングを迎えて一言。

  「長年この商売やっとるけど、自分のハッピーバースデーを自分で演奏したのは初めてや〜」

ハハハッ、確かにそうだ!演奏後はCCさん差し入れの特大バースデーケーキで正式にお祝い。 えっ、猿渡さんはいくつになったって?それはナ・イ・シ・ョ。でもヒントをひとつ・・・。

  「コント○○号、飛びます!飛びます!」

因みに「赤信号」ではありません(笑)。

次回、誕生日ラッシュ!
さて、ここらで次回の予告編でも・・・。このバンドのライブは12/17(水)に予定されている。 そしてこの日は何と鈴木学さんの○○回目のバースデー。さらに前日16日はママさんの25回目のバースデーでもある (あれっ?ちょっと足りないかな?)。これは次回も盛り上がり必至。学ファン、そしてママちゃんファンの皆さん、 抱えきれないくらいのプレゼント(皆で分けられるものがいいな〜)を持って全員集合〜!

チカさん
自称「キャッシー中島」チカさん
学さん
ボサノバのバックのフルート、絶品です!


戻る