クリニックを終えて

由川史比古カルテット + KANCO
由川史比古(g) 岩田恭博(p) 川村尚人(b) 中野春樹(ds) KANCO(vo)

極意伝授
由川さんが主宰するジャズサークル「インプロヴァイズ」は、先月ギタリストの岩見淳三さんを招いてのクリニックを企画した。 因みに僕も見学に・・・。クリニックはバンドのバランスの取り方、音の使い方、フレージングに至るまでと多岐に渡り、 様々な状況を想定したケーススタディ的な要素も含んでいた。リスナーとしても「発想の転換」を迫られる非常に興味深い内容。 落合監督ではないが、このクリニックでインプロ・メンバーのスキルは一様に10%ずつ向上したはず。 よって、来シーズンは現有戦力で十分優勝が狙える位置まで来ている(?)。
ドラム神 中野春樹
そんな有意義なクリニックから2週間たった今、一皮向けた由川4がステージでスタンバッている。 その一番奥には、つい3日前に大仕事を終えたジャズメンが1人。 11/30に行われた猿渡泰幸ドラム教室発表会に12年ぶりに出場し、トリを勤めた中野さん。 発表会のトリには、猿渡さんが最も信頼を置くジャズメンが指名されることになっている。 そして、トリを勤めた者は、次回発表会までの1年間、神として祭り上げられるのである(あれっ、何か違う行事が紛れてきた)。 とにかく、国府宮の「神男」に匹敵するくらいの名誉職なのだ。 僕も次回、中野さんに触って役を落とすことにしよう。
由川4の真骨頂
しっとりとしたボサ・ナンバーでスタート。いつものように、落ち着きはらった立ち上がりである。 由川さんの優しいギターも映え、最もこのバンドらしいナンバーだ。 ボサノバにかなりのこだわりを持つ岩見先生からも、きっと合格点が出るはず。 おっと、1−4は僕のお好みの曲。こういった軽快なアレンジもイイ感じ。 さて、お得意曲でKancoちゃん登場。
Sleepless in Souden
1−7は比較的新しいレパートリー。Kancoちゃんの優しい歌唱が身に沁みる。 今年も、もうこんな季節か・・・。この大スタンダードナンバーは、10年ほど前にある映画を観てから僕の中ではクリスマスソング となっている。その映画とはもちろん、トム・ハンクス&メグ・ライアン主演の名作『めぐり逢えたら(Sleepless in Seattle)』。 もともと冬場に好んで聴いていた曲だったが、この映画で一気にXmasソングに昇格してしまったというわけ。 なんとも暖かい暖炉のような映画なので、まだ見てない人は是非どうぞ。クリスマスの晩に恋人と二人で このビデオを見たりなんかした日にゃ、もう・・・・・。因みに僕は、1月か2月のやたら寒い日に銀座に一人で観にいった。 あまりに心温まってしまったため、帰りは余韻に浸りながら皇居まで歩き、更にお堀を半周して神保町でラーメンを食って帰った記憶が。 もちろん、気持ちの上では、ずっとメグライアンが横にいるつ・も・りでね!ただ、メグがラーメン屋に入るのを拒んだ ため、そこでNYに帰ってもらって空想終了。あれから何年たっただろう。 今年も「早田の眠れぬ男(Sleepless in Souden)」のもとにまた寒い冬がやってきた。


first set

1.アンダルシアの風
2.on green dolphin street
3.my foolish heart
4.i'm getting sentimental over you
5.time after time (vo)
6.the gift (vo)
7.when i fall in love (vo)
8.but not for me (vo)
由川さん
岩田さん&川村くん

second set

1.stella by sterlight (p:kasai)
2.coffee rumba
3.falling in love with love
4.taking a chance on love (vo)
5.fly me to the moon (vo)
6.as time goes by (vo)
7.i've got you under my skin (vo)

ビッグゲスト
2セット目の飛び入りを虎視眈々と狙っているビッグな男がカウンターに・・・。 久々のご来店、笠井の大ちゃんだ。ジーン・ハリス命の根っからのピアニスト。 本日は2−1で大ちゃん節が横溢。頑なに自分のスタイルを堅持する大ちゃんがピアノトリオでのびのびと演奏する姿は、 見ていて楽しい。本当に気持ちよさそうにプレーするから。びったりハマッたときの演奏はピカイチ。 プレーに接しているとジーンハリスが好きなのがよーくわかる(笑)。独自の世界がある。これからも足しげく通ってほしいプレーヤーの一人。
由川さんの構想
さて、クリニック後の初ライブを終えた由川4。インプロヴァイズは、過去にもピアノの納谷さんを招いてクリニックを行うなど、 積極的にプロ・ジャズメンと技術的な交流を行っている。次回は、由川さんの頭の中にはどんな構想があるのだろう。 次回もまた、遊びに行って見識を深めてこよう。BAGUのHPでもお知らせしますので、興味のある方は是非楽器持って参加すべし! あと、インプロは月一ペースでセッション大会もやってますので、そちらもヨロシク!

中野さん 笠井さん


戻る