私立BAGU療養所

1外バンド
安村幹夫(ts) 渡辺敦(as,ts) 仁田豊生(p) 中根K太(b) 水谷知央(ds)

ジャズ依存症
BAGUは喫茶店であったり、バーであったり、ジャズライブハウスであったりと色んな顔をもっている。 そして、忘れてはならないもう一つの顔。それがジャズ依存症患者専用のサナトリウムという側面だ。 プレーヤー、リスナー双方が入所可能。猿渡院長以下、優秀なスタッフをズラリと揃えて毎週、適切な処置が施されている。 もちろん僕も患者の一人で、毎度お世話になっていることは言うまでもない。
野戦病院
今夜は、そんな依存症患者さんの中でも、特に依存度の高いと言われる現役の「医師」を対象に開所されている。 最も重篤な5人がステージで楽器を手に「療養」の最中でも、医師や医学生たちが次から次へと運びこまれてくるではないか。 今夜のBAGUは、さながら野戦病院のような様相を呈していた。 百合子婦長、ゴリ看護士だけではとてもさばききれず、猿渡院長自ら病状(オーダー)を聞いて廻っている。
1外バンドはハイブロー
1外バンドを聴くのはなんと1年ぶり。 リーベ関係者がほぼ全員揃っている今日のBAGU。結果的に患者の数は50名を超えたらしい。 通常のキャパが30、ビチビチに詰めて何とか40という店でこの数字は異常だ。 そして、殆どがプレー依存のジャズメンときているからそりゃあもう大騒ぎ。 リーダーとしての貫禄で、ゴリゴリ吹きまくる安村先生。そして、最近美濃アンジェロのセッションでも活躍中の水谷先生。 若手を引っ張るよき兄貴分の渡辺先生。学生時代はBAGUでもよく弾いていたという仁田先生。 みな、今日にあわせてきっちり練習を積んできているようだった。 入れ代わり立ち代りステージに上がる、馴染みの顔、あるいは初めての顔、バラエティに富んでいてなかなか楽しい。 それにしてもこの人達はレベルが高い。もう趣味の域を超えている!
ピカピカの1年生
今春から医師となった中根くん。医師としてステージに立つ姿を見たのは初めて。 彼は貫禄がありすぎて「ピカピカ」という感じはしないが、1年生としてメチャメチャ働かされていると伝え聞いている。 それにしては、凄いベースを弾いていたなー。「練習してるの?」って振ったら「ええ、まあ」なんて言っていたが、 相当やってないとああは弾けないはず。一番時間のとれないであろう彼でさえ、忙しいさなかしっかり準備をしてきている。 ラッパの古川さんも、同じく医師1年生。こちらも現役時代と変わらぬ音で3管の一翼を担っていた。
学生頑張る
今夜は、リーベの現役医学生たちも、ほぼ全員集合。 そんな中で、指名を受けたのがリンペイ&ムラムラ。かつてのヤングライオンズも既に5年生。 時の経つのは早い。リンペイくんが、譜面をめくりながら演目に迷っていると、猿渡さんからツッコミが入った。

   「おめーは、選べるほどレパートリーあるんか!出来るやつを皆に伝えんかコラ!」

そして、リンペイくんきっぱりと言い返す。

   「違うんです。今、僕のレパートリーことごとく却下されてるんです」

まるで漫才だ(笑)。結局2−4に落着いたが、まず川村くんのベースが素晴らしい。 物凄いスィング感、ドライブ感、自然に惹き込まれていく。そして、同期のムラムラに触発されてか、 リンペイくんもタイトなピアノソロで応酬。予想以上の出来に、猿渡さんもビックリ。 リンペーってあんなピアノ弾いとったか?渡辺先生が即座にその疑問に答える。

   「今日は、何かが降臨してましたね。たまに乗り移るんですよ彼には」

何か納得。昨年の今頃亡くなったトミー・フラナガンあたりが降りてきたかもしれない(笑)。

二人の歌姫
力強い2−3を歌って店内を沸かせた女性。どこかで見た事があると思いきや、昨年の年越しセッションでも 歌ってくれたターコさんでは。今日は本名で紹介されていたので気付かなかったが、確かにターコさんだ。 いやー、リーベとつながっていたとは全然知らなかった。岐阜のジャズ界は結構狭い。 みんなどこかでつながっているのだ。そして、もう一人の歌姫。こちらもどこかで見た事がある・・・なんて 書いてると怒られてしまうなきっと(笑)。言わずと知れたBAGUのハウス・ヴォーカリスト、麻衣ちゃん。 そして、ピアノに座るのはこれまたBAGUのハウス・ピアニスト、新谷卓也その人だ。 得意の2−6で、ちょっとした事件発生。歌と演奏のキーが違っていたという、自由な音楽の代表「ジャズ」特有の ハプニングである。皆、静かに騒がずステージ上で問題が解決されるのを待つ。 麻衣ちゃんも慌てず騒がず歌いきった。
来たれ!依存症の皆さん
さて、22:30をもって、本日の診療も終了。嵐のようだったBAGUも、徐々に普段の落ち着きを 取り戻していった。プレーヤーもリスナーも満足して帰っていったに違いない。 僕はジャズ依存症に加え、アルコール依存も併発しているため、しばらくBAGUに居座ってチビリチビリやってから帰宅。 近郊のジャズ依存症の皆さん!BAGUで療養してみませんか?


second set

1.all the things you are   (kato(tb))
2.見上げてごらん夜の星を
3.you'd be so nice to come home to   (taako(vo))
4.beautiful love   (rinpei(p) mura2(b))
5.autumn leaves   (miyahara(p) tujimoto(b) furukawa(tp))
6.fly me to the moon   (hyappon(vo) sintani(p) mura2(b))
7.bye bye blackbird   (sakamoto(ds))
8.blues   (furukawa(tp) kato(tb) sakamoto(ds))

加藤さん
ドク加藤(tb)、ドク水谷(ds)
ターコさん
ターコ(vo)、ドク安村(ts)
リンペー&ムラムラ
リンペー(p)、ムラムラ(b)
辻本さん
ドク辻本(b)、ドク水谷(ds)
宮原さん
ドク宮原(p)
新谷夫妻
百本(vo)、ドク新谷(p)、ムラムラ(b)
中根くん
ドク中根(b)
坂本さん
ドク坂本(ds)
仁田さん
ドク仁田(p)、ドク安村(ts)
渡辺さん
ドク渡辺(as)、ドク安村(ts)


戻る