岐阜のゴッド・ファーザー

中村トキオ スペシャルバンド
中村トキオ(ts) 藤井孝紀(p) 木全希巨人(b) 猿渡泰幸(ds)

VIP登場
岐阜にはプロ・アマ問わず老若男女さまざまなジャズメンがいるが、 「岐阜のジャズを語る上で絶対に外せない」人となるとかなり絞られてくる。 親しみをこめて「トキさん」と呼ばれる本日の主役中村トキオさんも、まさに「外せない」ミュージシャンのお一人。 しばしジャズの現場から遠ざかって後進の指導に専念していたこともあり、BAGU出演は実に5年ぶりのこと。 もちろん僕も初めてお目にかかる。岐阜の現役ジャズメン最年長。 唯一猿渡さんの頭が上がらない岐阜ジャズ界最重要人物の登場だ。
ノー・プラン
突然始まった1−1は、タイトルとは裏腹に超アップテンポでゴリゴリまくしたてる激しいカレハ。 物凄い勢いで葉が落ちてしまい、一瞬にして木は丸裸に・・・(笑)。 久々にジャズを演奏するというトキさんの、喜びに満ち溢れたみずみずしい音にしばしビックリ。ご本人も「たまにジャズやると新鮮だね〜」とご満悦の様子。 ステージの様子から判断すると、本日は完全に「ノー・プラン」のようだ。トキさんが適当にイントロを出し、バックが瞬時に曲を察知して ついてゆくという緊張感溢れる場面の連続。エンディングだって、トキさんのOKが出るまで繰り返される。 カンペイさん、猿渡さんはもちろんのこと、キマちゃんも緊張感の中しっかりついていっているところがさすがはプロだ。
ゴッド・ファーザー
トキさんは、地元ミュージシャンの面倒見がすこぶるイイ。カンペイさんはそれこそ高校生のころから使ってもらって いたらしい。きっと名古路さんやKUROちゃんだって同じであろう。 猿渡さんは、

  「岐阜のジャズメンでトキさんの世話になっとらんジンはおらん!」

と声高に語る。かく言う猿渡さんだって、アマ時代にトキさんに誘われて一緒に演奏するようになったことが この世界に入るきっかけだったという。俊三さん、大黒のアニやん、そしてトキさん。 この3人との出会いのうちどれが欠けてもジャズドラマー猿渡泰幸はこの世に存在しなかったであろう。 岐阜ジャズ一家のゴッド・ファーザー的存在のトキさん。まだまだ現役でファミリーの頂点に君臨してもらわなくてはなるまい。


first set

1.autumn leaves
2.blue bossa
3.georgia on my mind
4.so what
5.st. thomas
キマちゃん
岐阜のハリー・ポッター!キマちゃん
カンペイさん
トキさん、お世話になってます!

second set

1.christmas song (vo:wakaokami)
2.i've got you under my skin (vo:wakaokami)
3.all of me (vo:dr.horiba)
4.fly me to the moon (vo:dr.horiba)
5.i'll close my eyes
6.mack the knife
7.recard bossa nova
8.take the 'a' train
9.blues (vo:akudaikan)

若女将再来
今夜は、トキさんの馴染みのお客様でほぼ満席常態。 そして、いつものように様々なミュージシャンの顔もちらりほらり。 そんななかに懐かしい顔を見つけた。伊勢は二見ヶ浦からはるばる来てくれた「若女将」こと浜千代美治さんが ウメちゃんと一緒に何と2年ぶりのご来店。積極的な彼女はさっそくトキさんと交渉の後、2曲を披露。 うーん、堂々としているしヴォーカリストとして明らかなステージキャリアを感じた。2年前とは大違いだ。 旅館の若女将という多忙な日々のなか、鍛錬は欠かしていないようである。
ドクター・ダンディー
続いてステージにあがったのは、何と僕の隣にいた妙に雰囲気のあるおじ様。粋な出で立ちがちょっと気になっていたのだが、やっぱりミュージシャンであった。 この人じゃないと出せないという最高の味付けで超スタンダードをサラリ。素晴らしい! ご職業は西の方の某大病院のエライお医者様だというから更にビックリ。アンコールまでかかり、ボサで2−4も。 こういう人がいるかぎり岐阜のジャズは安泰だ。トキさんの歌伴がこれまた泣かせる。 ありあまるほどの経験で、歌伴のツボが完璧に染み付いてしまっているようだ。 ドクター堀場とのセッションは、50歳未満立ち入り禁止の「大人過ぎる」時間であった。
音楽の先生
最後の最後に、トキさんが客席の若い女の子をご指名。 マジで固辞する彼女を客席が拍手で後押し。彼女は何とドラマーであった。 トキさんは、管楽器はほどんど全て(サックス・フルート・クラリネット・トランペットまで)を指導、更にヴォーカリスト育成、 ドラマー育成まで行っているのだ。そりゃ、自分が演奏している暇がないはず(笑)。まるで音楽の先生だ。 さて、女の子がタイコに座り8ビートを刻みだしたと思ったら、猿渡さんがマイクを持ってステージへ。 はははっ、いつもの流れだ。トキさんはキマちゃんとカンペイさんに直接コードを告げたきり、軽く笑みをうかべながらブルースリフを延々とリフレイン。 徐々にみんなの音が一体になってきたところで、悪代官スキャットが始まった。BAGUでは、これが最高に盛り上がるのだ。 意外なエンディングにもちろん店内大喜び&大暴れ。
トキの如し
猿渡さんの所属する中山静雄トリオは自らのことを「ミュージーちゃんず」と呼んで、若いミュージシャンには絶対に出せない色で 大活躍しているが、岐阜にも素晴らしいミュージーちゃんがいたものだ。 トキさんや中山さんの世代は、ある種独特な雰囲気をを持っている。自由奔放、豪放闊達、酒・女・薬(もちろん胃薬です)。 こんなキーワードで彩られる、バンドマン華やかなりし頃のミュージシャン気質だ。キャバレー世代とでもいおうか・・・。 そういう匂いのするジャズメンはもう名古屋にも殆どいない。トキさんはそういう意味ではバンド界の絶滅危惧種なのだ。 時代の流れとともに変わってゆくのもこの世界の常。ニッポニア・ニッポンと呼ばれた日本を代表する名鳥「朱鷺」は、 乱獲や、環境汚染により生息環境をどんどん狭められ、挙句絶滅してしまった。 でも、今夜の若々しい演奏を聴くかぎり岐阜の名プレーヤー「トキ」さんは大丈夫だ。それに若いジャズメンもどんどん育っているし、 生息環境だってBAGUをはじめまだまだ沢山ある。ミュージーちゃんの「生命力」を侮ってはいけないことを僕はよーく知っている(笑)。

若女将
伊勢の若女将、2年ぶりのご来店
堀場先生
粋なジャズメン・・・実はお医者様
猿渡さん
この世界、トキさんにひきずりこまれました
??さん
トキさんは、ドラマーも育成してます


戻る