夢中鉄人キョウダイン BAGUに帰還!

野々田ブラザーズ
野々田万照(sax) 野々田久嗣(g) 藤井孝紀(p) 飯沼真(b) 猿渡泰幸(ds)

再結成
かつて野々田兄弟のライブはBAGUの年中行事であり、年末ライブやサマーライブと事ある度にご出演頂いていたのだが、 知らず知らずのうちに自然解散とあいなってしまったらしい。兄弟喧嘩説、万照多忙説、はたまた小惑星衝突説、疫病流行説など、 野々田兄弟絶滅の原因については学会でも諸説紛々の状態である。えっ?絶滅じゃなくて解散?。失礼しました(笑)。 しかしここ1年くらいは、再び精力的な活動が再開されており、事実上の再結成・再始動とみなしてよいだろう。
今宵は4つで
そんな兄弟がいよいよBAGUに還ってきた。迎えるのはもちろんBAGUが誇るフォービート・トリオ、カンペイさん、飯沼さん、 そして猿渡さん。岐南方面では「クラブ・ファンク・ジャズ」と銘打って大音量イケイケライブを展開しているお二人であるが、 今夜はちょっと趣向を変えて「コテコテ4つ物ジャズ」を目指すとのこと(あり得ない)。 客席もほぼ満席で、?年ぶりのBAGUライブが賑やかにスタート!
ゲスト1
まずは、景気付けにクラブファンク系をおひとつ。そして1−3にはゲストあり。 最近色んなセッションに登場している若干24歳の若きアルトプレーヤー小島くん。 大森明の弟子であり、松栄堂のサックスの先生でもある彼は、万照さんが目をかけているプレーヤーの一人。 優等生的でカタめな風貌とは裏腹に演奏は意外とアバンギャルド!将来有望な若手である。
キタ〜
さー、だんだんジャズっぽくなってきたぞーと思いきや・・・やはりこの兄弟、4ビートばかりに固執してもらっても つまらない(笑)。もっとも兄弟らしいと言ってもいい選曲、そう1−4だ。日本語に訳すと「悲しい色やね」となる(笑)。 ここでポテンシャルを200%発揮したのは、もちろん我らがお兄ちゃん〜!今宵のベストパフォーマンス賞は久嗣兄さんの 泣きのチョーキングで決まり!万照さんの「ムード歌謡系ネットリブロー」も加わって完全にサンタナを超えました。 万照さん曰く、

  「水を得たサンショウウオ!野々田久嗣〜!」

言いえて妙・・・。


first set

1.cantalope island
2.speak low
3.straight no chaser (kojima(as))
4.europe
5.caravan
カンペイさん&猿渡さん
BAGUの重鎮そろい踏み
飯沼さん
こちらもBAGUには欠かせません

second set

1.newyork state of mind (duo)
2.invitation
3.autum leaves
  (kojima(as) kato(p) kimata(b))
4.as time goes by
5.anticalypso
6.st. thomas an encore)

しんみりキョウダイン
2−1は兄弟デュオ。兄弟歴40年、そんな歳月がこのデュオに特別な味わいを与えている。 音で交わすしんみりトーク。普段は派手な野々田兄弟も二人っきりでいる時は、きっとこんな感じなのでは・・・。 そもそも万照さんが音楽を始めたのは久嗣さんの影響である。そしてお兄ちゃんが初めて弾いた曲は、なんと!

  「心もよう」(井上陽水)

だったらしい。時代ですねー。中学時代はヘビメタに傾倒、さらに高校大学でフュージョンに開眼して今に至る。 しかしながらジョーパスをコピーしまくっていた時期もあるというから驚きです。

本物紹介
本日はBAGU向け4ビート版ブラザーズだが、実はクラブファンク版の真正ブラザーズが存在する。 2−3では、正規メンバーがステージに召集されて、モノホン・ブラザーズが結成された(ゲスト小島くん)。 実際はタイコも違うが残念ながら今日はご不在。普段はこのメンツで暴れまわっているわけである。 もちろん、カレハなんぞはやりませんが(笑)。
万照BAGUバージョン
今宵もっともジャズを感じさせてくれたのが2−4。万照さんのバラードは群を抜いて素晴しい。 このときばかりは生粋のジャズメンに変身。懐が深いですね〜、さすがですね〜。 熱帯でも、ソウルダイナでも聴けないであろう万照さんの濃厚ジャズ。なんか特した気分。 後ろの三人も水を得たサンショ・・・否、魚と化してしばしBAGUらしい時間が流れてゆく。
派手ラス
ラストは兄弟が最も映えるラテンもので派手〜にカマしてテンションは最高潮に! 猿渡さんの計らいで異例のアンコールまで付いて大盛況のうちに「おひさしぶり興行」が幕を閉じた。 さて、打ち上げは・・・例によって例の如くココには書けない。岐阜県警サイバーパトロールに摘発されてしまうからだ(笑)。 ママやマスターも容赦なくネタにされる下克上の下ネタワールド。 いつもの繰り返しになってしまうが、興味のある方は一度打ち上げまで参加してみてちょ。

ブラザーズ
キョウダイン 1号&2号
万照ファミリー
ファミリー登場!小島(as) カト(p) キマ(b)


戻る