西の古都から来たウエス

山口武+中山静雄トリオ
山口武(g) 中山静雄(p) 市の瀬美音b) 猿渡泰幸(ds)

大人限定ライブ
ジャズギターのライブって、どうしても「渋く」なっちゃう。 初めてジャズを聴いてみようなんて人は、たいてい若い女性歌手か、複数管の派手な コンボを選ぶ傾向にあるし、僕もそういう人にはその手のライブを勧めている。 だから今日のような編成のライブには、ごくごく自然に非常に耳の肥えたジャズ通の お客様が集ってしまうことになる。 ALL50代の分別盛りのバンドメンと、地元のアマ・ギタリストを中心にしたBAGUが誇る 常連リスナー陣。 今宵は、ステージも客席も30代以上限定「大人ライブ」の様相を呈していた。 今日ばかりはボクも若者組?
フタを空けたら
山口さんは、なんともオシャレなスーツで登場。中山トリオが珍しく普段着だったので、 そのダンディーぶりが妙に引き立つ。ギターを構えた瞬間・・・既にカッコイイ! 演奏はというと・・・立ち上がりのはっきりした硬い音で、終始ブルージーなギターを聴かせてくれる。 ロン・カーターから力哉さんまで、幅広いミュージシャンとの活動のなか、いろんな引き出しをもっているであろう山口さん。 特に力哉さんとやるときは忍者の恰好をしたり、拍手強要ヘルメット?をかぶったりして踊りながら「元気」に 演奏しているらしい(笑)。 ここBAGUでは、多くの顔のなかから、ウエスばりの正統派の一面を披露。
その音、正解!
今日の演目は中山トリオのオリジナル、或いはレパートリーが中心。 中山さんのアレンジはキメが多く、猿渡さんやノセさんもイメージを掴むまでにかなり 苦労すると聞いている。これをほぼ初見で弾きこなす山口さん。しかも中山さんのイメージ通りに。 さすがプロ中のプロ!中山御大も感心しきり。 ボクも、いつものあの曲がギターが入ることでどんな風に表情を変えるか楽しみだったが、 想像通りの音に、思わず「正解〜!」と叫んでしまったほど。
刺激物 山口武
1−4は山口さんのオリジナルで、2−3はオリジナル・アレンジである。 どちらも狂おしいほどにウエス!これには最前列でかぶりつき状態の地元ギタリスト軍団が大はしゃぎ。 実は岐阜のギタリストにはこの手のギターが一番受けるのだ。 中山さんのピアノ、ノセさんのベースも明らかにアーシーになっていくのが目に見えてわかった。 中山トリオは地元では最年長を誇る固定バンドで、同世代と拳を交えることが めっきり少なくなっている。そこに現われた浪速の豪腕ギタリスト。トリオ自体が、 ビンビン刺激を受けているといった感じで素晴らしい!これも山口さん効果?

first set

1.nice shot
2.swingin' the blues
3.twilight on the hill top
4.mr.smokin'
5.filthy macnasty
猿渡さん
かなり飛ばしてました!
山口さん
ルックスもギターも渋い!

second set

1.???? (nakayamasan original)
2.easy living
3.summertime
4.doodlin'
5.birk's works (an encore)

捕まった〜
渋いライブが終了し、一息ついてフッとステージを見ると、おやおや山口さんがギター小僧軍団につかまっていた。 いつのまにか、しっかり教えを請うている阪ちゃん、NAKAIさん、そして田口さん。 ハハハッ、ちょっと目を離すとこれだもんなー(笑)。 岐阜のアマ・ギター界はこういう真摯な連中に支えられているのだ。
一枚の写真
さー、打ち上げ。中山トリオの打ち上げは「濃い」ことで有名だが、そこに山口さんが加わるとどうなるか・・・。 力哉さんとウルトラトリオを組んでいるというだけで、勝手におっかないイメージを抱いていた僕であったが、 まんまとそんなイメージを覆されることになる。ベタギャグ連発のいわゆる「関西のオモロイおっちゃん」だった〜。 いやー、ひと安心。ずっとボーヤさんとして働いていたキュートな女性も同席。 いわゆる「ジョノカ」かな〜なんて邪推していたら、なんと奥様でした。失礼しやした〜! いやはや仲のよいご夫婦。おやっ、中山さんにもうら若き女性が寄り添っている・・・。 しかし、誤解なきよう。こちらは純粋にボーヤです、それ以上の関係はございません(多分)。 宴もたけなわ、中山さんが山口さんにカメラを向けた瞬間、面白いものが記録された。 いつも思うが打ち上げの様子を活字にしようなってことはナンセンス。 ほらっ、この猿渡さん&山口さんの2ショットが何よりも饒舌にあの夜のことを語ってくれている。
京都遠征有り?
すっかり打ち解けたこの4人。今度は、4日〜5日のツアーをやろうとか、山口さんのホームグラウンドである 京都でライブやろうとか、将来に向けての前向きな話もボンボン飛び出していた。 このゲージューバンド、今後の動向が楽しみです。京都ライブ、是非実現させて下さいね!
クリニック
すかさず駆け寄るギター小僧の皆さん
中山さん&MICHI
愛弟子Michiと2ショット!
記念撮影
記念撮影!次回も乞うご期待
中山さん撮影
新コンビ誕生?(中山さん撮影)


戻る