異色の紅二点 岐阜を席捲!

上西千波+守屋純子トリオ
上西千波(vo) 守屋純子(p) 北川弘幸(b) 猿渡泰幸(ds)

意外な姉妹
今宵は、BAGUスペシャルライブ始まって以来の複数女性ゲスト! 上西さんは、昨年に続く2年連続のご出演。 そしてもうお一方は初登場、ピアノの守屋純子さん。 ボクにとっては、ちょいと意外な取り合わせだ。 ぱっと見、キュートな妹と、悪い虫が付かないように目を光らせるお姉様・・・といった感じの お二人。本日は岐阜で最も「悪い虫コンビ」(猿渡・北川)と危険な共演とあいなった(笑)。
学バンの申し子
守屋さんがBAGUのステージにいるというのは僕にとってはかなりショッキング。 実は、学生時代から学バン(学生ビッグバンド)が大好きで、たまにコンサートを聴きに行って いたのだが、彼女はまさにその同時代のジャズメン(早大のハイソ出身)なのだ。 リスナー、プレーヤーの差はあれど、同じ時代に同じ場所(東京)で学生生活を送っていた ミュージシャンにはひとかどならぬ思い入れがある。 安カ川大樹(b)、佐久間勲(tp)、近藤和彦(sax)、田中哲也(tp)、谷口英治(cl)などなど、皆当時 の学バン出身者だ。そして守屋さんは、今もご自分でビッグバンドを率いて活躍している敏腕リーダーでもある。 BAGUとは無縁だと勝手に決め付けていた矢先に飛び込んできた出演のニュース。いやー、うれしかったな〜。 そもそも、守屋さんがコンボ、しかも歌伴をやるなんて思いもしなかったから・・・。 てなわけで、今夜は村瀬や河合くんをはじめ、岐阜大学のビッグバンドの連中も大挙して押し寄せている。
ココ・チナミーナ
岐阜のリスナーは、こと「歌」に関してはかなりシビアである。上西さんの 小柄な体から発せられる、ブルージーでパンチのある歌唱はかなり特徴的で、 スタンダードを流麗に聴かせる歌手とは明らかに一線を画している。 さらに1−5など、モダン・ジャズの先人へ敬意を払うシリーズも健在だった。 なかなかこれを歌う人はいないよね。偶然だが、この曲は猿渡さんの十八番でもある。 今宵は、昔とった杵柄?サルサバンド時代に憶えたというキューバンもの1−6も披露。 「ココ・チナミーナ」これがサルサ時代の芸名だ。ゲタイートやミチャキーノと同じノリ(笑)。 さあ、これで上西さんは、BAGU常連のレールに乗ったね、きっと。 とにかく、名古屋方面にお越しの際は、バックに是非猿渡・北川コンビをよろしくです!
フィーリング・カップル
さあ、その岐阜最強リズムユニットも今日はとってもいい感じ。 かなりノリがよかったなー。やはり若い女性の前だと張り切るのか(決してそんなことはございません)。 守屋さんの超スウィンギーなピアノのバックではスウィング感を倍増させる好サポートを、 上西さんの歌うバラードのバックでは、さざ波のように優しいリズムを刻む。 フィーリング・カップル2×2の演奏はどこまでも快適でした。

first set

1.i'm getting sentimental over you (trio)
2.nostargia in times square (trio)
3.fever
4.night and day
5.doodlon'
6.はるかかなたへ
7.bye bye blackbird
8.summertime
猿渡さん
守屋さんは猿渡さんのタイプか?
北川さん
紅二点を前に今宵は正装!

second set

1.black nile (trio)
2.azure (trio)
3.sweet georgia brown
4.sunny
5.desperado
6.watermelon man
7.tristeza
8.take the 'A' train (an encore)

コンボの守屋さん
初めて聴いた守屋さんのピアノは、小粋にスウィングするとても華やかなものだった。 特にトリオがイイね。スウィング・ジャズ華やかなりし頃のアメリカを感じさせる ちょっとレトロな香りと、コンテンポラリーな新しい音が交じり合った感じで、僕にとってはかなり お気に入りのピアノ。今度は是非、荒くれ者ジャズメン(笑)たちをビシッとまとめあげる ビッグバンドの仕切りを見てみたい。7ピースくらいの複数管コンボも面白そう。 秋吉敏子に続く女性ビッグバンドリーダーは、実はコンボでも頑張ってたんですねー!
密かにデビュー
私事ですが、今夜BAGUデビューを果しました。 何のこっちゃって?実は、ラストナンバー1−7でノリノリのサンバを歌ってくれた上西さん、 マイクを持って客席まで進み出てきて、カウンターのお客様に「一緒に歌いましょー」なんてやってる。 すっかりイイ気分で「♪ラララ〜ラ〜」なんて歌ってた僕は目をつけられてしまったようで、いきなりマイクを向けられるハメに。 そして、歌いました!BAGUのマイクで!自分の声がPAから出てるなんて・・・酔い醒めますよ。 あー、恥ずかしかった〜(笑)。
酒豪2名
さて、打ち上げでは久々ご来店の大野先生がかなりの酔っ払い状態で場を盛上げてくれた。 上西さんの酒豪ぶりは昨年チェック済み。そして守屋さんもかなりいける口だった。お二人とも明るい酒だ。 守屋さんはビール党で、どんどん杯が空いてゆく。頼もしい限り(笑)。 ここぞとばかりに、武山さんの話をふってみることに・・・。
先輩守屋さん
名古屋で活躍するベーシスト武山信吾さんは、ハイソ時代の直系の後輩でとても懇意だという ことを以前武山さん本人に聞いたことがあった。今回のBAGUライブには残念ながら参戦できなかった 武山さん。守屋さんは、その話をした途端上下関係の厳しいハイソ時代の顔になり、こう言った。

  「明日のスターアイズは必ず来るように言っといて!来たら許すって!」

その勢いに、お二人のただならぬ関係を垣間見た気がした。かなりのご無沙汰らしく、本当に会いたそうだったなー。

記念撮影
女性ゲストの時は、記念撮影をするというのがBAGUの慣わし(?)。 猿渡さんが声をかけて皆を集めるわけだが、男性ゲストの時は何故か声がかからない。 それは何故か?男性ゲストの時は大抵ドロドロの飲み会に発展して猿渡さんが前後不覚のことが多いからだ(笑)。 午前2:00、今夜も平和に打ち上げが終了。明日は名古屋で、明後日また岐阜に戻ってきてくれるこの二人。 さー、蔵ライブが待ち遠しい。
守屋さん
物憂げな守屋さんもGood!
上西さん
相変わらずキュートな歌姫、千波さん!
記念撮影
記念撮影 その1
記念撮影
記念撮影 その2
おまけ
おまけ画像「大野英樹独演会」観客1名


戻る