七夕ライブ 2004!

鈴木学カルテット+山下チカ
鈴木学(ts) 小森淳(g) 飯沼真(b) 猿渡泰幸(ds) 山下チカ(vo)

七夕ライブとは・・・
今夜は7月7日、この日のライブはもう「七夕ライブ」と銘打たざるをえないと言っていいだろう。 よって、全国のいたるところで同様のライブが行われていることは想像に難くない。 中身は普段と何ら変わりがないのだが、何となく学さんを彦星に、チカさんを織姫にたとえたくなってしまうから不思議だ。 とはいっても普段は別居していて年に一度だけ逢瀬を許されているわけではもちろんない。 この二人、少なくともBAGUではそのベストパートナーぶりを存分に発揮している・・・。
満員御礼
しかし、七夕ライブと銘打ったせいかどうかは不明だが、本日はレギュラーライブにしては異例の満席状態。 何か行事がある日というのは、体がムズムズして家でじっとしていられない人というのは結構多いもの。 これからは、毎週何か扇情的なサブタイトルを付けてみようか。因みに次週7/14(水)は「検疫記念日」とのこと。 よってタイトルはこうなる。「市の瀬美音さんをお迎えして送るBAGU検疫記念ライブ」・・・うーん、どうみても却下だね(笑)。
満員温冷
とにかく暑い!もう10日近く真夏日が続いている。梅雨よどうした! 僕は性格がジメジメしているせいか、梅雨という季節が結構好きだ。今年はとんだ空梅雨で寂しい限り。 そして学さんのライブも夏本番。「ジェントルレイン」や「コンスタントレイン」が似合う季節は瞬く間に過ぎてしまったようだ(笑)。 暑苦しさと涼しさを併せ持つ独特の世界を構築するこのバンド。水風呂と湯風呂に交互につかる「温冷浴」という健康法があるが 鈴木学カルテットはまさにこれと同等の効能を持つ。
真夏の熱いお茶
サンバでスタート。小森さんは珍しくガット・ギターを構える。サンバ、ボッサ系は小森氏の十八番。 2−2が示すように、本日は「関のバーデン・パウエル」で通す所存?学さんのフルートとの相性はチリバツでした〜! 学さんが「真夏の熱いお茶」と称した1−2は、予想にたがわねちんちんの煎茶。これが病みつきになったらもうこのバンドはやめられない。 真夏の練習を終えた剣道部の道具から立ち込めるム〜ンと鼻をつく汗の香り。コレが学ぶさんの音だ(ホンマかい?)。 とにかく男性的なテナーである。トム・ジョーンズの胸毛にも似て・・・(古!)。
チカ式消臭術
さー、温浴が終わったら次は水風呂へ。そこにはチカさんが待ち構えている。 1−5、そしてママの大好きな1−6で一気に冷房が効き出した。 男臭さの脱臭も兼ねている(笑)。しかしチカさんのボサはいいねー。 このご夫妻は「chica de bossa」というボサノバユニットも持っているようで、今度是非BAGUでも聴いてみたい〜。

first set

1.samba triste
2.invitation
3.our love is here to stay (vo)
4.someone to watch over me (vo)
5.one note samba (vo)
6.antonio's song (vo)
7.'s wonderful (vo)
飯沼さん
飯沼さん
チカさん&学さん
ご夫婦です!

second set

1.billie's bounce
     chianmi(as) manabu(ts)
2.berimbau
3.o barquinho (vo)
4.don't mean a thing (if it ain't got a swing)
     yawara(vo)
5.but not for me
     chika(vo) & yawara(vo)
6.sabor a mi (vo)
7.tristeza (vo)
8.mas que nada (vo)

七夕がやってきた?
ライブ前に、学さんがステージで叫んだ。

   「あー!七夕が来た〜!」

その声につられてそちらを見ると浴衣を着たyawaraちゃんがご来店。 本日唯一の七夕らしいシーンである。学さんの中では「浴衣のyawaraちゃん=七夕」と解釈されたみたい(笑)。 そして本日は、アルトの知奈美さんもご一緒。というわけで飛び入り陣2名が揃った瞬間でした。

ゲスト・タイム
知奈美さん&学さん、一見異色に見えるが実に「らしい」2管だった。たった1曲のセッションながら、かなりクールな バップを聴かせてくれた。知奈美さん、次回も遊びにきてね〜! そしてお約束のchica&yawaraの姉妹共演もありました。 写真だけ見て演歌歌手だと思ってはいけない。そう!たとえ浴衣を着ていたって「スウィングしなけりゃ意味ないじゃん!」。 うーん、強烈にスウィングしてたねー!
異例の予告アンコール
本来は熱い熱い2−6。ここでは立場逆転か。チカさんの歌が煮えたぎってしまわないよう、フルートとガットギターで 冷ましにかかるバックの面々。このバンドで知ったこの曲。本当にいいですねー。 満員の店内は、大いに盛り上がりいよいよラストへ。この状況を鑑みて学さんがこんなMC。

   「では最後のナンバーです!でもその後に何かあるかもしれません」
   「そこんところろよーく心得ておいてください・・・いっひっひ」

お客様全員が体で楽しんだラストナンバーに続いては異例のアンコール。いやー、さすが七夕ライブ! 普段と全然ちがってましたねー。次回は9/22(水)は、何と休日前日! こりゃまた満員御礼必至。さー、閉店まで居座るぞー! 因みに、今夜のライブレポートは、学さんもご自分のHPで公開していますので是非ご覧になってください。

知奈美さん
アパレル行商人、知奈美さん!
チカさん&yawaraちゃん
もはやお約束? 姉妹共演!


戻る