LAUGH♪LAUGH♪LAUGH♪

吉岡スマイル

BAGUのライブから一夜明けて、今日は「くれよん」。岐阜のおっちゃんの強いプッシュでもあったが、今回は 「聴きたい!」という自分の思いでやってきた。同じトリオを2日連続で聴くのは実は初めて。それほど聴きたかったというわけである。 くれよんは、ホームページを相互リンクさせていただいている縁もあり、早く顔をだしたいと思っていたライブハウスのひとつだったので イイ機会だ。「果たしてくれよんパパさんはホントにHPのイラストの通りなんだろうか」などと考えながら津島に向かう。 くれよんのドアを開けた瞬間、ミュージシャン席が目の前にありトリオの顔が飛び込んできた。そして店内奥へ目を向けると いたいた、岐阜のおっちゃん夫妻だ。はじめての店で、いつもの顔を発見してホッとする。今日は大学生の息子さんも同伴で、いよいよ 2代目のライブデビューである。ミュージシャン席にはO野先生もいて、岐阜チーム計5名。岐阜のおっちゃんが「岐阜から大挙押し寄せます」 とくれよんフォーラムに書き込みしていたが一応面目は保っている。しばらくして店内の照明がスッと絞られて演奏がはじまった。

吉岡3 さあ昨日の感動が蘇ってきて固唾をのんで第一音を待つ。「reiaxin' at camaliro」、Yeh!11月に他界したトミー・フラナガンが 吉岡さんの背中に降臨したかと思われるくらいのすばらしい演奏に僕の顔にも、吉岡さんの顔にも笑顔が弾ける。「overseas」に針を落としたかのような 錯覚に陥った。2DAYS目ということもあり曲をメモるのも忘れて聴き入っていたため正確な記憶はないが、もう一度聴きたいと願っていた 「the more i see you」も演奏してくれた(はず)。ちなみに演奏中に食べていた「ナスとトマトのパスタ」が妙に美味しかった。次回も注文しよう。 1セット目が終了して昨晩みっちゃんに奪われた(そこまで言うか)「moment to moment」のアナログ盤をゲット。昨晩同様、サインと握手とスマイルと おやじギャグを1つづづ頂戴して感激再燃であった。 2セット目、僕はいつものようにドラムの目の前に陣取りトリオの表情を追う。昨晩のBAGUとは楽器の配置が違い、今日は鍵盤上を縦横無尽に 駆け回る吉岡さんのタッチも拝見できた。マスター、北川さんもBAGU同様絶好調!!今日はこのトリオ3日目だ。ということは3日とも演奏している 曲は3テイク目ということになる。「wired」などは日に日に良くなっていくような気がした(実際2日分しか知らないが)。 この日もアンコールは・・・待ってました「cherokee」だ。2日目のいいところを発見した。「来るぞ来るぞ」と予測してドキドキしているところに、 予想通りの演奏が現れて「来た〜、ビンゴ!」という瞬間の爽快感、これが2日目の醍醐味なのか。やみつきになりそうだ。 今日も大満足の夜となった。帰りがけにくれよん名物(?)、ミュージシャンのサインプレートをカメラに収めて帰ってきた。 パパさん、ママさん、ミッキーさん、また来ます!

吉岡さん 北川さん マスター
サイン1 サイン2
戻る