中山さん的階級制度

中山さん

ハイ!中山、イッキ行きます!

中山バンドの打ち上げには実に色んな人が現れる。ファンであったりミュージシャンであったり・・・。 そして今日はいよいよ中山さんのお身内「シタッパーズ」が姿を現した。中山さんの配下には厳格な身分制度が存在するという。 直下が絶対服従の「奴隷」である。それがファンなのかボーヤなのかピアノのお弟子さんなのかはわからない。 そして「奴隷」の下の階級が「シタッパーズ」と呼ばれる集団だ。彼らはライブの時中山さんに一番近いテーブルを陣取り熱い 声援を送っていて、メグさんの「happy birthday」も彼らの中の誰かに送られたものだった。 「シタッパーズ」は皆若くて陽気である。更に皆一様に中山さんを慕っている。 これも中山さんの「人格」のなせる技か・・・。因みに「シタッパーズ」には名前が無い。 個々のメンバーは番号で呼ばれていた。さて今日の打上げは普通の焼き鳥屋さんだったため、音を奏でることは 無かったがせっかく「シタッパーズ」の面々が参加してくれたので写真で紹介することにしましょう。

image
2号・3号・中山さん
image
そこへ1号登場!
image
6・7・8号揃い踏み
image
7号・8号乾杯〜!
image
1・2・3号キメ!
image
吉田さんの隣に4号発見!
image
今日はお疲れさまでした〜
image
またどこかで会おう!

戻る