オーマイガッ!

ユカピー

オーマイガッ!ユカピーライブの写真を消失してしまった。しかもここ2ヶ月分くらい。自分のミスとはいえ、 あまりの喪失感にしばらく動けなかった。しかし神様はたった1枚だけこのHPのために残していてくれた。 デジカメの微調整をしているとき、偶然パソコンにユカピーの写真をプレビューしていたため、調整を兼ねて 一枚パチリ、それが上の写真である。そしてその数時間後、僕のパソコンのなかのユカピーは消えうせた。 タイムマシンが欲しいと思うのはこんなときであろう。「らいぶメモ」を書いて気を紛らわすことにする。 僕が入店したとき、ちょうど「tenderly」が流れていた。悪代官&ユカピーは久々である。ベースの日景さんは このところユカピーとの競演が多く息もばっちり。店内見渡すと、岐阜のおっちゃん、服部さん、山下さんなど、 お約束のメンバーが勢ぞろいである。「how insensitive」の涼しげな演奏でやっとステージにのめりこめた。 「my baby just cares for me」、まさに日本でもっともニーナに近いアーチスト(ほめすぎ?)、ユカピーがやらずに 誰がやる!という曲である。これは深夜のテレビショッピングで流れていたらしい。マスターもグングンとテンションを 上げていく。実に楽しい演奏だ。お次は、朝起きたら心臓が痛かった・・・というネタでお馴染みの「good morning heartache」。 言わずと知れたCD収録曲だがライブで聴くのは珍しい。ひょっとしてマスターも初めてかも。 学校の放課後を告げる誰でも知ってる鐘のメロディーで始まった次曲は、日景さんのタイトなベースに思わず釘付けとなった。 ベースの奥からかすかにテーマが聞こえてくる。「if i were a bell」だ。汗をかきかきベースを弾く日景さん、「俺は働いてるぞー」と体全体で アピールしている。1セット目最後は、ロバータ・フラックの「feel like making love」。あっという間のセットだった。(って、遅れてきたからでしょ!)

今日のマスターのボーヤは「シモ」ではなく「ムラセ」である。「シモ」はユカピーのお気に入りのボーヤで、野性味あふれる風貌から 通称「ゴリ」と呼ばれるなかなかの好青年。今日は、その「シモ」がBAGUのバーテンの日なので、その後輩にあたる「ムラセ」が 代役でボーヤを担当しているというわけだ。果たしてユカピーの受けはどうであろう。お気に召していただけただろうか? 「that's all」で2セット目スタート。今日はいろんなスタンダードが飛び出す。ユカピーのレパートリーは増える一方だ。 気がつくと大野先生が隣のテーブルに座っていた。メキシコ帰りでラテンっぽさが倍増していると感じたのは僕だけか・・・。 「the shadow of your smile」、「you'd be so nice to come home to」とお得意の曲が続く。 その後、マスターが下がって「ユカピー&日景さん(ヒカピー?カゲピー?)」のデュオでとっても濃ーい「black coffee」が でてきた。注文したおぼえはないので二人からのサービスだろう。濃厚このうえない演奏で、今晩眠れるかどうか心配だ。 お次はマスターもお得意のソニークラークのブルース、美脚ジャケで有名な「cool struttin'」。この曲のドラミングはいつ見ても カッコイイのだ。もちろん今日も。実はこの日、少々モニターの調子が悪かったらしく、ユカピーはしきりに、我々にどんな音が届いて いるのかを気にしていた。しかし「cool struttin'」の最中に何とか元にもどったみたいで、思わずニッコリ、そして岩城マスターに OKサインを送った。さて、音も整ったところで満を持して「mista」である。みんな大好き、僕も大好きなこの曲。でもここでやって しまったらアンコールは何だろう?最後の曲、キャロルキングの「you've got a friend」を歌っている間、一生懸命アンコールに思いを馳せていたが、 結果は全員が納得する曲となる。うすうす感じていた「street life」!もうこれしかない。これじゃなきゃイヤダ!という感じ。 今日も大満足のうちにライブ終了。今晩は珍しくBAGU常連のCCさんがご家族でいらっしゃっていた。スターアイズデビューである。 マスターがそのCCさんご一家を送っている間、「ユカピーを囲むファンの集い」の末席で、楽しい話をいっぱい聞かせていただいた。 ライブ終了後にこんな楽しみがあったのだ。さて、次回はこれまた久々の北川さんが加わる。実はこの日、岐阜に戻ってから北川さんと合流して もう1軒行ってしまったわけだが、次の朝思わず「good morning Headache!!!」と叫ぶはめになってしまった。 次回はとうとうユカピーの「バースデイ」が明かされるという。皆さん、万難を排して参加しましょうね!


戻る