真夏の冒険

中山さん&牛島さん
真夏っていつ?

はたして真夏っていつを指すのだろうか?僕にとっては梅雨が明けてからお盆までの間が「真夏」である。 何故お盆までかというと、これは子供の頃から培われてきた感覚だ。そこには色々な条件が存在する。

1.真夏は意識が遠のくほど暑くなくてはならない
2.海がクラゲに満たされていているようではもはや真夏とはいえない
3.赤とんぼが飛んでいてはいけない
4.「宿題」の消化作業が気になりだしたらもう真夏も終わりである
5.24時間TVが始まるともう真夏も完全に終わりである

そして真夏の中でも最も真夏らしいのは8月の第一週であろう。midsummer's midsummer だ。 この時期をどう楽しむかによって、その夏の良し悪しが決まる。続く長い残暑を精神的に心地よく乗り越えられるかどうか この1週間の過ごし方に左右されるのだ。そんな大事な時期に絶好のライブが今日の「小林美千代トリオ」である。

今日は電車でくれよんへ。真夏の夜はビールが欠かせないからだ。店内は満席に近い状態でミッチーの人気の高さを物語っていた。 僕は最後尾の席に落ち着いた。既に演奏が始まっていて、僕の大好きなサウンドが鳴り響いている。 このトリオは3度目だ。このミッチートリオは前回のくれよんで初めて聴いたが、一発でその魅力にはまってしまった。 アルトは僕の最も好きな楽器のひとつ。特に複数管のアンサンブルがお気に入りなのだが、このシンプルな編成(トリオ)には まったく違った面白さがある。だれも気が抜けないタイトな演奏の連続だが、自由度も高い。3人の相互作用で、お互い叱咤激励し ながらどんどん高みに登りつめていき、やがて降りてくる。インタープレイの妙が十二分に味わえる。そんな編成だ。 今日もベテランおじさん2名にけしかけられて、奮闘するミッチーがいるかと思えば、若いパワーでおじさま達を圧倒するミッチーも いた。

今日は体も絶好調のようで、いつもよりゴリゴリ吹きまくっていた感じがあったが、なにせ3セットなのでかなりの重労働である。 そしてミッチーは今日もオリジナル曲を各セットごとに散りばめてくれた。 回を重ねるごとに味わいが変わってくるのが面白い。僕の中で徐々にスタンダード化しているのだ。 今日のお気に入りは「鬼が島」という曲。タモリの「今夜は最高!」という番組で、マリーンのスキャットフレーズに インスピレーションを受けて書いた曲らしい。要は「どんぶらこっこ、どんぶらこっこ」というイメージだ。 これは次回、必ずリクエストしたい曲だ。この曲は日本昔話を連想してはいけません。ウエインショーターあたりを連想して みてください(笑)。


first set

1.like someone in love
2.????? (kenny garrett)
3.everything happen to me
4.blues (original)

second set

1.it could happen to you
2.arekara (original)
3.in a sentimental mood
4.softly, as in a morning sunrise
北川さん
北さん、演奏に没頭中
ミッチー
今晩は絶好調です!

third set

1.onigashima (original)
2.stars fell on alabama
3.body and soul
4.tenor madness
5.swingin' baby (original)

もちろんスタンダードもイイ。アラバマなど、リラックスした演奏で肩の力が抜ける曲だ。 北川さんも「bye bye blackbied」や「side by side」といった曲をソロに折込んで僕らをにやけされてくれる。 マスターも素手でコミカルなソロをとる。 定番ブルース「tenor madness」は爽快そのもの。「いよっ!待ってました!」といったところか。 2セット目4曲目はオープニングで延々とミッチーがソロを吹き、やがてドラム、ベースが絡んでいく。 テーマは極度にフェークされ、コード進行を拝借して作った別の曲のようだった。こんなカッコイイ「softly 〜」は なかなか聴けない。

「midsummer adventure night」は大きな満足を残して終幕。これで残暑も大過なく乗り切れそうだ。

2002年8月3日(土)晴れ
ぼくは名鉄電車にのって、津島のくれよんというところに、小林美千代おねいさんの サックスの演奏を聴きにいきました。ミッキーさんというおにいさんに泡の出るおさけを頼みました。 おいしいスパゲチーも食べました。北川おじちゃん、猿渡おじちゃんもとってもスゴイでした。 帰りは猿渡おじちゃんが送ってくれました。ありがとうでした。猿渡おじちゃんのお店でも泡の出る おさけを飲みました。とっても暑い楽しい夜でした。

ハハハッ、宿題の「絵日記」代わりにこのメモを残すことにしよう。

店内
今日のくれよんはほぼ満席状態でした
クニちゃん
暑い岐阜の熱いリズムユニット

戻る