デビュー & デビュー

小林美千代カルテット
小林美千代(vo) 中嶋美弥(p) 北川弘幸(b) 猿渡泰幸(ds)

Wデビュー
今夜の主役は地元女性サックスの第一人者、小林美千代さん。 初のアイランドカフェである。実は、この日の昼間にBAGU初演も 果たしており、岐阜の主要ライブスポットにダブルでデビューという「おめでたい」日となった。 因みにピアノの中嶋美弥さんも初めてのアイランド。 この二人はM&Mというデュオ・ユニットも組んでいる 仲よしプレーヤー。今日はこのユニットを熱心に追いかける名古屋のジャズフリーク、イワタッチさんもいらしている。
アイランドのミッチー節
まずは1セット目。初めてのお店、さらにお客様の入りも上々ということもあって、かなり力が入っていたような・・・。 アイランドは、PA控えめでより生に近い音作りを施している。そんなデリケートな空間の中で、最良の「音」を探っていたのかもしれない。 しかしそれも束の間、即座に順応。オリジナルの中でも特に代表曲にあたる1−4では、素晴らしいミッチー節が店内にこだました。 この曲、昔は「鬼が島」っていうタイトルだったんだけど、CDに収録するにあたりそのタイトルが却下になったという いわく付きの一品(笑)。
北さんのMC
MCを担当するのは、北川さん。必ず何か一つギャグを挿入する意外な一面を持つ北川MCであるが、 今夜はギャグならぬ、「おばあちゃんの智恵」MCだった。何の脈絡も無く始まったのはこんな話。 「幕の内弁当についてくるソースを、エビフライにだけにかけて、他のおかずにはかからないようにする方法」。 さー、答えが知りたい人は、北さんに直接聞いてみて!もちろんエビフライ付きの幕の内弁当を持参して 実演してもらうことをお勧めする。
MM&YY
2セット目は、完全にM&M(美千代&美弥)ワールド。Y&Y(ひろき&やすき)の強力サポートで きもちよくブローするのはもちろんオリジナルの数々。今日は、美弥ちゃんも負けずにオリジナルを披露。 明るいサンバ・ナンバー2−2がそれ。猿渡さんの超ラテン系タイコが、店内を盛上げまくり! この手の曲にドラムソロは欠かせない。 アンコールは、ボクも大好きな2−5。これ以上クールダウンにもってこいの曲も無かろう。 肩の力の抜けたステージに、アイランドのお客様にもミッチーの真価が伝わったはず。
記憶方法
今日は、北朝鮮から地村夫妻、蓮池夫妻、両拉致被害者のお子さんが小泉首相とともに日本に帰ってきた日でもある。 世間一般では「号外」が出るほどのビッグ・ニュースだ。 おかげで、小林美千代さんのBAGUデビュー&アイランド・デビューはとても記憶に残る日となった。 新聞には載らないものの、当HPでは確実に「号外」扱いですよ!

1st set
1.all the things you are
2.country
3.soul eyes
4.over the blue
   composed by kobayashi-michiyo
猿渡さん
美弥ちゃん 2rd set
1.lament
2.non title
   composed by nakajima-miya
3.paul'n paul
   composed by kobayashi-michiyo
4.central park west
5.lazy bird
6.in yout arms (an encore)
   composed by kobayashi-michiyo

戻る