郡上踊り体験後 初ライブ!

大野俊三カルテット
大野俊三(tp) 竹下清志(p) 北川弘幸(b) 猿渡泰幸(ds)

郡上踊り
今回の来日の主目的である「郡上踊り体験」を終え、再び岐阜に帰ってきた俊三さん。 郡上踊りの道先案内人は、郡上出身で岐阜を代表するギタリスト野々田久嗣さんが務めたという。 丸一日行動を共にしてすっかり懇意となった久嗣兄さん、今宵は珍しくお客様としてソウルダイナに遊びに来てくれていた。
ソウルダイナのジャズ
ソウルダイナで聴くジャズはBAGUや他のジャズクラブとはかなり趣を異にする。 普段、ロック、ファンク系のライブが圧倒的に多いせいか、音の作り方が明らかにそちらより。 PA機器も充実しており、スピーカーもデカイ。こういった環境で聴く俊三さんは初めてかもしれない。 ピアノもエレピで、70年代のエレクトリックバンド時代を彷彿とさせる迫力あるサウンドになってた。 そして俊三さんの服装が至極ラフな感じでGOOD。ある意味ソウルダイナっぽい・・・かな?
またひとつ常連のハコが
このツアーも既に5度のライブをこなし、充実しきりで乗り込んできた俊三さん御一行。メンバー全員にとって初めてのハコだったが、 そんなことはおかまいなく素晴らしいプレーを聴かせてくれた。 お客様の入りも上々で、「俊ちゃ〜ん!」なんていう黄色い声まで飛ぶほどの熱狂ぶり(笑)。 ここソウルダイナもまた、俊三さんが来日の都度立ち寄るライブハウスの仲間入りを果したといったところか。
郡上での収穫
打ち上げでは、俊三さんが色んなテーブルを廻ってファンの皆さんに声をかけて歩くという、いつも通りのサービス精神旺盛ぶり。 特に久嗣兄さんと郡上踊りの想い出話で盛り上がっていたのが印象的。「初心者」として望んだ猿渡さんと俊三さんは、 今ひとつうまく踊れなかったようで「あのリズムは結構難しい」なんて言いながらしばしの反省会が開かれていた(笑)。 そんな日本の昔ながらのリズムが、俊三さんの次回作のヒントになっているなんて素敵じゃありませんか。 とにかく演奏抜きで楽しんだ郡上での2日間はかなり充実していたみたい。打ち上げの俊三さんはいつもより若干ハイだった。

1st set
1.maya
2.summertime
3.blues
4.i hear a rhapsody
5.cantaloupe island
竹下さん
竹下さん
猿渡さん
猿渡さん
2rd set
1.stella by starlight
2.母さんの歌
3.autumn leaves
4.りんご追分
5.blue bossa
6.now's the time
7.i can't get started (an encore)
北さん & 竹下さん
北さん & 竹下さん
猿渡さん & 俊三さん
猿渡さん & 俊三さん

戻る