Vocal Session 2

岡安芳明に捧ぐ
岡安芳明に捧げるラブソング

演奏曲目
    君に捧げるラブソング
メンバー構成 (赤字:セッションリーダー)
  酒井俊 (vo)
  吉田桂一 (pf) 菅野義孝 (g) 上村信 (b) 小島勉 (ds)

さあ、絢爛豪華なジャズ・コンサートの締めは、俊さんが熱唱する岡林のフォーク・スタンダード。 うーん、らしさですねー。それに、バックの演奏がイイ。みなさんちょいと4ビートから離れて、あくまで俊さんの歌伴に専念。 特に菅野さんのギター!岐阜でバリバリのジャズを聴かせてくれたときとはまるで別人(笑)。 この歌は、僕を含め会場の、そして参加者のすべての気持ちを代弁しているといっていいでしょう。 だから皆さん、この歌の歌詞を今一度かみしめてみませんか。
   悲しみに うなだれる 君を前にして そうさ何もできないで いるのがとてもつらい
   せめて 君のために 唄を書きたいけど もどかしい思いは うまく唄にならない
   いま 書きとめたい唄 君に捧げる ラブソング
   君の傷みの深さは わかるはずもない 何かふたり遠くなる 目の前にいるというのに
   そうさ ぼくはぼく 君になれはしない ひとり戦うのを ただみつめているだけ
   いま 書きとめたい唄 君に捧げる ラブソング
   ふたりはためされてるの 君は僕のなに? これで壊れてゆくなら 僕は君の何だった?
   何も できはしない そんなもどかしさを 逃れずに歩むさ それが せめてのあかし
   いま 書きとめたい唄 君に捧げる ラブソング
酒井俊
酒井俊 (vo)
菅野義孝
菅野義孝 (g)
吉田桂一
吉田桂一 (pf)
俊さん&上村信
俊さん & 上村信 (b)
小島勉&菅野さん
小島勉 (ds) & 菅野さん

戻る