BAGU TOPICS 2004年2月11日

アコースティックモーション活動休止

アコースティックモーション
中島教秀(b) 武井努(ts) 清野拓巳(g) 中島徹(p) 東原力哉(ds)
☆ ☆ ☆

親方は誰?
アコースティックモーションのアイランドライブも今回で3度目。 今じゃすっかりお馴染みバンドとなっているが、初回はそりゃもう我々岐阜リスナー一同興味深々だった。 てっきり力哉さんのバンドだと思いきや、そうではなくベースの中島さんがリーダー。 演目は全てオリジナルで、作編曲もすべて中島さんのペンによるもの。 いわば、中島教秀ワールドを実現するためのバンドと言ってもよかろう。
手足が凄い!
手足となるサイドメンはすべて関西を中心に活躍する腕利きばかり。 ピアノの中島さんはCUGでもボントロ奏者として活躍しているため、この地方でもよく知られている。 力哉さんは今さら説明不要(笑)。 テナーの武井さん、ギターの清野さんは期待の若手で、お二人とも後ろからオジさんたちに煽られつつギンギンのプレーで大いに 聴衆を沸かせていた。清野さんの弾けっぷりは気合十分!血管切れるんじゃないかと心配したほど(笑)。 テクは抜群、スタイル的にもどんなジャンルにも対応できそうな予感。いいギタリストだ。 フロント1管を担う武井さんも豪快な音、メローな音、取り混ぜて中島サウンドの実現に一役も二役も 買っていた。ワイルドなその風貌通りの演奏もワイルド!
力哉さんの一喝
本日の僕の席はタイコの真横。 シモ&スミのニュースタドラマーコンビと同席だった。 演奏開始直前にアイランド名物(?)ミートスパを食べていたら、タイコに座った力哉さんが、 スティックでこちらを指し、

   「おい、そこっ!スパゲティ食べとる場合ちゃうぞ、コラ!」

と一喝されてしまった。ひえ〜、スンマセン〜。もちろん力哉さん、ちゃんと目は笑ってる。 でも、ビックリしたな〜。そして演奏中、ずーっとカメラを向けていたら液晶画面の向こうにいる 力哉さんが怖い目でコチラをギロリ。わっ、まずい!そりゃ真横で撮ってりゃ気になるのも当然。 「なに撮っとんじゃボケー!」と来るかと思いきや、以外や以外力哉さんもお茶目にカメラのポーズ(笑)。 ハハハッ、思わず笑ってしまった。怖いイメージがちょっとだけ遠のいた・・・かな?

パイプライン
さて、このバンド実は、このアイランドライブを持って活動を休止するらしい。 やっと馴染みとなったところで少々残念だが、アイランドとリーダー中島さんのパイプが 途切れるわけではないのでご安心を。あくまでアコースティックモーションとしての活動が収束 したに過ぎない。個々のプレーヤーは、タイミングさえ合えばまたこのステージに立つ日もきっと来るだろう。 貴重な関西ジャズとのパイプライン。 どう生かすか、それはヒラクさんの構想次第・・・。 静かな期待を寄せて待ちましょう!


中島さん&武井さん
中島徹(p) & 武井努(ts)
清野さん
清野拓巳(g)
力哉さん
ヤバイ!思い切り睨まれてる〜!
力哉さん
エッ? カメラのポーズ? ホッ

戻る